« ヒガンバナはどのようにして「お彼岸」を知るのか!? #ヒガンバナ | トップページ | 実生コヒガンバナは今(2016/03/18)!! #ヒガンバナ »

クモたちに春が来た!! #クモ学

Dsc_7950
▼確かに虹色に光ったんだ!!
彼岸の入りの昨日(2016/03/17)、朝の出かけたときだった。出発するとすぐだった。
草むらに虹色に光る糸が見えたんだ。土手の黒いシートがバックになるところは、それがよく見えた!!
そこかしこに虹色に光りたなびくクモの糸が見られたんだ。
▼植物たちにはすでに春がやって来ていた。
たなびく糸だけかと思ったらちがっていた。
あのみごとなネットがみられたんだ。朝のうちは、ネットを留守にしていた彼女たちも、暖かくなるにしたがって、次々と登場し活発に行動をはじめた!!
クモたちにも春が来たんだ!!
クモ学駆け出しの私には、まだ名前もわからない。
▼それで、急に気になって昨年あのジョロウグモの彼女が残していったふたつの「卵のう」を見てみたんだ。
最初に産卵した「卵のう」A。今さらであるが、ナイロン紐のクズでの保護に感動である。
まだなんの変化もない。
後に産卵した「卵のう」B。こちらも今のところ変化はない。
これを産卵した後の彼女の行動を思い出し、なつかしくもあった。
▼クモたちに春が来ると同時に私の今年の「クモ学」も始まる!!
4年目の私の「クモ学」!!
 今年はどんなクモたちに出会うだろう?
 何を見せてもらえるだろう?
 どんな会話ができるだろう?
楽しみである。o(^o^)o ワクワク
Dsc_7968
Dsc_8010
Dsc_7985
Dsc_8078
Dsc_8084
Dsc_8179
Dsc_8047
Dsc_8055


 

|

« ヒガンバナはどのようにして「お彼岸」を知るのか!? #ヒガンバナ | トップページ | 実生コヒガンバナは今(2016/03/18)!! #ヒガンバナ »

コメント

楠田先生、おはようございます。

 鈴木勝浩です。

 クモの糸の写真。いいですねぇ。
 クモが踊り出しているような感じがします。

 ジョロウグモが「卵囊」から出るのは、
 4月下旬頃でしょうか?

 ご報告が楽しみです。

投稿: 鈴木勝浩 | 2016/03/18 06:45

鈴木勝浩さん
コメントありがとうございます。
ほんといっきょに行動開始したようですね。
今年は、これまでにあまり観察していないようないろんなクモも観察してみたいと思っています。またいろいろ教えて下さい。よろしくお願いします。


投稿: 楠田 純一 | 2016/03/18 18:05

楠田先生、こんにちは。

 鈴木勝浩です。

 きょう、自分の家の庭で
 ジグモの旅立ちに出会いました。
 
 親の住居から出だしたジグモの子グモたち
 それぞれ、糸をひきながら、流しながら
 上へ上へと向かっていました。

 なんと、その途中で、
 ハエトリグモに食べられている子グモが・・・。

 きょう、今まで、お母さんグモに
 守ってもらっていたのに、
 旅立ちの日に、
 なんと、ハエトリグモに・・・。

 自然界の掟の厳しさをかいまみました。

 クモから比べたら、
 人間って、なんと恵まれているんだろう
 とも感じました。

 これから、前途洋々たる
 ジグモのクモ生(人生)があったのに、
 あっけなく、生涯を終えてしまったジグモ・・・。

 あまりにも、かわいそうな感じがしました。

 なんか、とりとめのないことを
 書いてしまいました。

 きょうは、春本番を感じさせてくれる
 ひじょうに穏やかな日和です。

 桜の開花も、まもなくですね。

 それでは、また。
 

投稿: 鈴木勝浩 | 2016/03/20 16:46

鈴木勝浩さん
へー面白いですね!
ジグモもやはり飛行するんですね。
上昇気流を感知しているんでしょうかね。
基本的には、どのクモも飛行すると考えていいんですか?
クモの種類の多さにあらためて驚いています。

投稿: 楠田 純一 | 2016/03/21 06:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/63360622

この記事へのトラックバック一覧です: クモたちに春が来た!! #クモ学:

« ヒガンバナはどのようにして「お彼岸」を知るのか!? #ヒガンバナ | トップページ | 実生コヒガンバナは今(2016/03/18)!! #ヒガンバナ »