« 【お薦め本】『中谷宇吉郎の森羅万象帖』(福岡伸一・神田健三・中谷芙二子著 LIXIL出版) | トップページ | 1.17 あれから21年の歳月が!!そして… »

2016年の「クモ学」はどこまで!? #クモ学

Dscn0102
▼15日正月の朝は「冬晴れ」だった。
風は冷たいが、陽が当たればあたたかい。その陽が彼女(ジョロウグモ)が残していった「卵のう」2つにあたろうとしていた。元々いたネットは、北風が直接あたらないせいもあるのだろうか、荒れ屋になりながらも、「保存食」とともに保存されていた。「卵のう」から子グモたちが出てくるのはいつだろう?
▼3年前の夏から突然はじまった私の拙い「クモ学」!!
今年はどんな「出会い」「発見」があるだろう。
どこまで、その「ふしぎ!?」を追うことができるだろう?
15日正月を過ぎた今、少し展望しておこうと思う。
▼思いつくままにならべてみよう。
まずは、クモごとにあげてみよう。
<コガネグモ>
 3年前の夏、貴奴の「狩り」に偶然出会ったのが、私の「クモ学」のはじまりだった。
それ以降、3年連続多数のコガネグモを観察することになった。
今年の夏も出現するだろうか。
 今年になって地域の方と話す機会があった。うれしい話がふたつあった。
 ひとつは、我が家の近くだけでなく、少し離れた場所でも貴奴が出現していると言うことだ。
そして、もうひとつは私の「観察」を知っていただいており、草刈りに配慮してもらっていた事実だ。
アリガタイ!!

<コガタコガネグモ・ナガコガネグモ>
 コガネグモほど大きくはないが、こちらの方がもっとふつうに多数見かけていた。
観察できる期間も長い。だから、もっともっと多くを学べそうだ。
今年はこれらの観察もじっくりやってみよう。

<シロガネイソウロウグモ>
 イソロウグモの存在はきわめて興味深い。なかでもシロガネイソウロウグモは面白そうだ。
あの銀ピカの「ふしぎ!?」は謎のままだ。

<ゲホウグモ>
 2014年の夏、庭の柿の木に偶然住みついた!!
そして数々の巧みな技をみせてくれた。
貴奴との138日間が私の「クモ学」への興味を大いに加速してくれたことはまちがいなかった。
2015年には出現しなかった。はたして今年はどうだろう?

<ジョロウグモ>
 彼女はもっともありふれたクモだ。しかし、昨年の4ヶ月にわたる「つき合い」は、けっしてありふれてはいなかった。彼女との「対話」は、数々の謎解きにヒントを与えてくれた。
 今年もあんな「つき合い」はあるだろうか?

<その他のクモ>
 まだ視野に入っていないクモはいっぱいいるだろう。いや、いる!!
 どんなクモか視界に入ってくるだろう?
 「そいつなら、いつも見ていたのに…」というやつが出てくるにちがいない。

▼今度はもう少し知りたい項目ごとにならべてみよう。
・「団居」(まどい)
・パルーニング
・体のつくり
・最強のツール、糸
・クモと「天気の変化」との関係(クモに関する天気コトワザ)
・引越し
・越冬
等である。

いろんな情報を入手したいものだ。
それには、例によって
「情報は発信するところに集まる!!」
でいきたいものだ。
 こんなところから、標榜する「新しい博物学」ははじまるのかも知れない。
Dsc_1763
Dsc_1730
Dsc_1809

 

|

« 【お薦め本】『中谷宇吉郎の森羅万象帖』(福岡伸一・神田健三・中谷芙二子著 LIXIL出版) | トップページ | 1.17 あれから21年の歳月が!!そして… »

コメント

楠田先生、こんにちは。

 鈴木勝浩です。

 私よりも、はるかに熱心に
 クモの世界を訪れている楠田先生。

 本年もご報告が楽しみです。

 造網性のクモはもちろん、
 徘徊性のクモも魅力があります。

 失礼いたします。

投稿: 鈴木勝浩 | 2016/01/16 05:42

鈴木勝浩さん
コメントありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。
うれしい言葉を…(^^)V
でもまだまだ「クモ学」新参者ですのでいろいろ教えてください。
では、今年は徘徊性のクモにも注目していきます。

投稿: 楠田 純一 | 2016/01/16 05:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/63073466

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年の「クモ学」はどこまで!? #クモ学:

« 【お薦め本】『中谷宇吉郎の森羅万象帖』(福岡伸一・神田健三・中谷芙二子著 LIXIL出版) | トップページ | 1.17 あれから21年の歳月が!!そして… »