« ヒガンバナに何が起きているのか?(15) #ヒガンバナ | トップページ | 第9コウガイビルは今も…!! »

冬到来!クモたちは…!? #クモ学

Dsc_5462
▼冬がやってきた!!
生野峠からの風は冷たくきびしかった。だが、三度目の復帰を果たした彼女(ジョロウグモ)は元気だった。
狩りも着実に続けていた。
 最初に彼女に出会ったのは8月の末だから、彼女とつき合いもついに3ヶ月になる。
▼こんなに長く特定の一匹のクモとつき合うのは、昨年のゲホウグモ以来だった。
昨年のゲホウグモがいなくなってしまったのは、2014/11/16だった。
7/2の夜に出会って以来、実に138日間のつき合いだった。
その間に、実に多くのものを見せてもらった!!
 今回の彼女にも、実に多くことを教えてもらっていた。
・巧みな三層のネット
・多様な方法の「狩り」
・糸技の数々
・いろんなイソロウグモ
・オスのジョロウグモ
等々である。なかでもいちばんの驚異は、産卵とその後の行動だ。
「卵のう」を産んだ後、「卵のう」を保護するかのように、「卵のう」にへばりく姿!!
そして、産後のヨロヨロの体で、「卵のう」を覆い隠すための資材集めに四方八方へ奔走する姿!!
雨のなか、一本の糸だけをたよりに、滑り滑りしながらトタン板の壁をよじ登る姿!!
そして、なにごともなかったがごとく復帰して「狩り」を続ける姿!!
▼しかしね冬の到来は、クモや昆虫たちに厳しいものがあるようだ。
クモや昆虫の体の中で起こることも化学変化である以上は、「Q10の法則」(=温度が10℃下がれば反応速度は半分以下になる。)に従わざるを得ない。
 朝の散歩でミイラ化したバッタを見た。
 陽の当たる土壁の側まで辿りついたカマキリは息絶える寸前だった。
 冬は厳しいのだ!!
▼ならば彼女にこの後、やって来るのは死しかないのだろうか?
三度目の産卵はあるのだろうか?
今日は、どんな「狩り」を見せてくれるだろう?

彼女とのつき合いは、いつまで続くだろう?

Dsc_5228
Dsc_5322
Dsc_5416

|

« ヒガンバナに何が起きているのか?(15) #ヒガンバナ | トップページ | 第9コウガイビルは今も…!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/62763591

この記事へのトラックバック一覧です: 冬到来!クモたちは…!? #クモ学:

« ヒガンバナに何が起きているのか?(15) #ヒガンバナ | トップページ | 第9コウガイビルは今も…!! »