« ヒガンバナ「自然結実」は今!! #ヒガンバナ | トップページ | 本日(2015/10/29)、第111回オンライン「寅の日」!!#traday »

そして、あのジョロウグモは!! #クモ学

Dsc_9263
Dsc_9310
Dsc_9333
▼またしても彼女がいなかった!!
24日に産卵して、その後「卵のう」に覆い被さるようにしていたジョロウグモが再びいなくなってしまった。
確かに一昨日(26日)の夕方までそこにいたのに。
内心あせった。
死んでしまったのかと、その下を必死に捜してみたが見当たらない。
落胆した!!
 そして、見上げた。
そしたら、なんと元のネットに姿が…\(^o^)/
 みつけたところで、もう一度「卵のう」を見なおしてみた。
お見事!!
ナイロン紐の切れ端がうんと増えていた。きっと私の見ていないところでコツコツと貼り付けたのだろう。
彼女のことがなんとも愛おしくなってくるのだった。
Dsc_9344
Dsc_9370
Dsc_9411
▼古巣のネットにもどった彼女はやがて新しくネットをつくりはじめた。
その巧みな技にあらためて惚れ直してしまう。
先日教えてもらった「五線譜」とはちょっとちがうようだが、5~6本ごとの横糸ごとにすき間があいていることは確かなようだ。もうそれは「芸術作品」の域に達していた。
 ネットづくりをしている途中に面白いことがあった。ネットの上のトタン屋根をカラスがガサガサと歩いた。
その振動は、ネットに伝わった。彼女は作業をやめて、すぐさまセンターにもどった。
そのスピードは「眼にもとまらぬ」と言って過言ではなかった。
産卵直後の彼女とは大違いだった。彼女は復活したのだ!!
Dsc_9441
Dsc_9510
▼あらたなネットができると、さっそく彼女は再び「狩り」をはじめた。
本来の動きを取り戻して、これもまた美事なものであった。
彼女の食事も、他のクモたちで見てきたことと同じだった。
「食べる」と言うより「吸う」というのがふさわしいのかも知れない。
「ふしぎ!?」に思っていることがある。
 彼女は獲物を食事後捨ててしまうずにネットにぶらさげているのだ。
まるで戦利品を陳列しているかのように、これはなんのためだろう?
Dsc_9526
▼午後になってもまたあらたな「狩り」がはじまっていた!!
もう完全復活だ!!
いったいいつまで彼女はここにいるのだろう?
またもう一度「産卵」するのだろうか?
ふつう一匹のジョロウグモは何回「産卵」するのだろう?
やがて、彼女とつきあい始めて2ヶ月になる。
 しかし、まだまだ彼女について知らないこといっぱいだ!!
 トンデモ質問したら、彼女はどう答えてくれるかな。
楽しみだ。

|

« ヒガンバナ「自然結実」は今!! #ヒガンバナ | トップページ | 本日(2015/10/29)、第111回オンライン「寅の日」!!#traday »

コメント

楠田先生、こんにちは。

 鈴木勝浩です。

 ジョロウグモ、
 一度産卵を終えたら、すぐに命を終えてしまうもの
 とばかり思っていました。

 また、捕食をはじめたということは、
 もう一度、産卵するのでしょうか?

 興味があります。

 自分自身の飼育した蜘蛛の中では、
 ハエトリグモやコモリグモの仲間で
 一度、交接を終えた後、
 数度、有精卵を産んだ蜘蛛がいました。

 はたして、ジョロウグモはいかに?

投稿: 鈴木勝浩 | 2015/10/28 06:25

おはようございます。
先日、地域の文化祭を見てきました。
子ども達がお世話になった小学校の児童の夏休みの自由課題も出してくださってるところです。

今年は6年生の子が、クモの網を黒い紙に形を崩さずに取っていました。
彼のお兄ちゃんが息子と仲良し(学区割の関係で違う中学です)で虫が大好きなんですよね。
いまどきの小学生の一端を少しだけ。

我が子達の近況は、また改めて。

投稿: いっちゃん | 2015/10/28 06:28

鈴木勝浩さん
コメントありがとうございます。
私のクモ先生である鈴木さんに興味をもってもらってうれしいです。
私もこの後死んでしまうと思っていましたので驚いています。
昨年のゲホウグモのことを思い出しました。
貴奴は何個も「卵のう」をつくりました。それも夏バージョンと秋バージョンは、「卵のう」についていた糸の色がちかっていて驚きました。
この後の変化また、報告をさせてもらいたいと思います。
クモにはまだまだ「ふしぎ!?」がいっぱいです。

投稿: 楠田 純一 | 2015/10/28 11:54

いっちゃんへ
コメントありがとうございます。
クモのネットに興味をもっている小学生がいるなんてなんかうれしいですね。
私なんかこの年になってはじめて「こんな面白い生きものが身近にいたなんて!!」と驚いているところですから…。
そんな小学生がきっとクモのもっと面白い「ふしぎ!?」の謎解きをやってくれるものと期待したいですね。
 お子さんたちの謎解きの近況もまたよろしく<(_ _)>

投稿: 楠田 純一 | 2015/10/28 12:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/62563577

この記事へのトラックバック一覧です: そして、あのジョロウグモは!! #クモ学:

« ヒガンバナ「自然結実」は今!! #ヒガンバナ | トップページ | 本日(2015/10/29)、第111回オンライン「寅の日」!!#traday »