« 今年も「自然結実」するヒガンバナ発見か!? #ヒガンバナ | トップページ | 今年3度目のヒガンバナスポット巡りをして #ヒガンバナ »

実生ヒガンバナの葉は順調に伸びてきた!! #ヒガンバナ

Dsc_6390
Dsc_6412
「日本のヒガンバナは3倍体であり、種子をつくり殖えることはない。」
これが定説になっていた。
でもやっぱり「ふしぎ!?」だ。
「あんなりっぱな花をたくさん咲かせるのに…」「なかにはかわりだねがいて…」
これが定説になるまでにも、なった後にも多くの人がこの「ふしぎ!?」に挑戦していた。
その「歴史」については次の文献がとても参考になる。

◆ヒガンバナの民俗・文化誌Ⅱ (書籍『ヒガンバナの博物誌』(栗田子郎著 研成社 1998.9.1))

こんなのがオンラインですぐ読めるようになっているなんてアリガタイ!!
あらためて栗田子郎先生に深謝!!
▼私もこの「ふしぎ!?」にずっと挑戦してみたかった。
そして、ついにその機会がやってきた。
2014年にいくつもの「自然結実」したヒガンバナの種子を手に入れた。
そのうち3つについて、この春「発芽」(発根)に成功した。
それは、コヒガンバナの場合と同様に小さな小さな球根(鱗茎)をつくった。
▼それを、ひとつひとつ別々の植木鉢の土に埋めた。
それがこの秋に葉をだしてきた。
その3ついずれもから葉が顔を出してきた。
葉がでてきた順番に仮の記号をつけてみた「実生ヒガンバナ2014a-c」と。
昨日(2015/10/08)の段階で
・実生ヒガンバナ2014a…5.5㎝
・実生ヒガンバナ2014b…2.5㎝
・実生ヒガンバナ2014c…1.5㎝
と伸びてきた。
▼実生ヒガンバナ2014aは虫にかじられたようになった。
なんという虫だったんだろう?
このまま成長しつづけてくれるだろうか、少し不安だ。
屋外の方がいいのか、それとも屋内の明るいところがいいのか?
水はどの程度与えてやれば…。
いろいろ試行錯誤の連続だ。
どこまで葉のびるのだろう?
枯れ始めるのはいつごろだろう?

「ふしぎ!?」の謎解きはいつもワクワクドキドキの連続だ!!
Dsc_6418
Dsc_6441


(Ⅱ)

|

« 今年も「自然結実」するヒガンバナ発見か!? #ヒガンバナ | トップページ | 今年3度目のヒガンバナスポット巡りをして #ヒガンバナ »

コメント

楽しみですね。
発芽率はどれほどだったのでしょう?

投稿: kurita siro | 2015/10/10 11:36

栗田子郎先生
コメントありがとうございます。
2014年に採集した「自然結実」の種子はちょうど30個ありました。
その内、この春に「発芽」したのは6個ありました。
「発根」にまで成功したのは3個でした。
そしてその3個を植木鉢に植え替えて、葉が出てきたのは3つともですので、最終的な「発芽率」は3/30でちょうど10%と言うことになります。
この後どうなるのかとても楽しみです。
今後についてもアドバイスよろしくお願いします。

投稿: 楠田 純一 | 2015/10/10 12:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実生ヒガンバナの葉は順調に伸びてきた!! #ヒガンバナ:

« 今年も「自然結実」するヒガンバナ発見か!? #ヒガンバナ | トップページ | 今年3度目のヒガンバナスポット巡りをして #ヒガンバナ »