« 2015年9月のオンライン「寅の日」は #traday | トップページ | 新・「自由研究」のすすめ試論(110) »

今年もキツネノカミソリを見に行った!! #ヒガンバナ

Dsc_8473
▼今年もまたこの季節がやって来た!!
昨日、いつもの場所に「キツネノカミソリ」の観察に行ってみた。
昨年よりは一週間ばかり早く行った。開花にはちょうどのタイミングだろうか。
いや少しはやいのかも知れない。
さあ、ここから今年の「ヒガンバナの仲間」がはじまるだった。
▼キツネノカミソリ言えば、ここ二年連続して、種子から育てる実生に挑戦していた。
今、現在は土の中に眠らせている状態である。
 キツネノカミソリは2倍体だから、種子で殖えてもアタリマエ!!
でも実際に自分の目で確かめたことがなかった。
だから、それを今、挑戦中なんだ。
仮にうまく育てることができたとしても、花が咲くまでには何年もかかると聞いていた。
さて、今年はどんな展開があるだろう楽しみである。
▼同じヒガンバナの仲間の実生ということでは、昨年「コヒガンバナ」の種子を分けていただき、実生に挑戦していた。分けていただいた51個の種子は、49個まで「発芽」(発根)に成功していた。
それも今は土のなかに眠ったままだった。
この秋になにか変化は起こるのだろうか。
 実生ということでは、なんと行っても本命は、ヒガンバナだ!!
 キツネノカミソリ、コヒガンバナはともに2倍体。だから種子をつくって殖てもアタリマエ!!
でも、日本の普通のヒガンバナは3倍体と言われている。そして、種子をつくって殖えるのでなく「分球」によって殖えるのだと言われている。
 ホントにそれだけだろうか?あんなにみごとなたくさんの花を咲かせるのに。
昨年たくさん回収することができた「種子」のなかから、3個だけ「発芽」(発根)に成功した。
これもまた土の中に眠っている。
さて、この後…???
▼ヒガンバナの「ふしぎ!?」は実生だけではなかった。
いくつもの「ふしぎ!?」を保留したままにしていた。
たとえば
「咲き始めとその年の天気との関係は?」
「葉が枯れていく時期と環境との関係は?」
等々いっぱいあった。
 そうそう、それから今年から庭に東京から「引っ越し」してきたヒガンバナがいた。
それは、どんな展開を見せてくれるそれも楽しみだ。

さあ、私のヒガンバナ研究は今年はどこまで行けるだろう。
自分でもわからない。
だから楽しみである。o(^o^)o ワクワク

|

« 2015年9月のオンライン「寅の日」は #traday | トップページ | 新・「自由研究」のすすめ試論(110) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年もキツネノカミソリを見に行った!! #ヒガンバナ:

« 2015年9月のオンライン「寅の日」は #traday | トップページ | 新・「自由研究」のすすめ試論(110) »