« Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(74) | トップページ | 【お薦め本】『梅雨前線の正体』(茂木耕作著 東京堂出版) »

Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(75)

Dscn7892
▼昨日(2015/06/03)の朝、「梅雨入りはいつだろう?」と書いたら、その数時間後に近畿地方も「梅雨に入ったようだ」と発表があった。
◆平成27年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)
確かに、朝方に激しく雨は降り我が家も大騒動だった(^^ゞポリポリ
その後も「いかにも」という鬱陶しい天気だった。
▼「梅雨入り」に間に合わなかったが、私は過去の天気図にあのモテサクさんの「黄海高気圧」を追う作業を続けていた。
 シロウトの私には、絶対コレだ!!
という確信にまでにいたらないが、「言われてみれば…」という程度まではきた!!
まだまだこの作業は続けて行きたい。
▼\(・_\)ソノハナシハ (/_・)/コッチニオイトイテ
作業を続けるなかでモテサクさん言うように「天気図がドラマを語りかけている!!」と思えるようになってきたのだ。
 とりわけ「梅雨」のドラマは面白い!!
と思えてきた。
 梅雨には「大気の物理学実験」のすべてが含まれている!!
もちろん、あの2つの大原則(ルール)
・上がるとザアザア 下がるとカラカラ
・光は東から 天気は西から
も含まれている。しかし、それだけでは「ふしぎ!?」の謎解きはできなかった。
もっともっと複雑にいろんなファクターが絡まっていた。
 最新の数値予報を駆使してもまだ解けない「ふしぎ!?」がいっぱい詰まっていた。
それがまたまた意欲をそそる!!
▼「梅雨入り」と同時に、私の持病「ばっかり病」が発症してきたようだ。
「梅雨ばっかり病」!!
鬱陶しいはずの「梅雨」がこんな面白く思えるのは、長く生きてきはじめての経験だ。

朝方の雨はやがてあがり青空が見えてきた。
「雲見」の雲が忙しく行き交っていた。
夕方には青空いっぱいになった。
さあ、今日も「梅雨」の「ふしぎ!?」を追いかけるぞ!!

(つづく)
Dscn7894
Dscn7905_2

|

« Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(74) | トップページ | 【お薦め本】『梅雨前線の正体』(茂木耕作著 東京堂出版) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(75):

« Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(74) | トップページ | 【お薦め本】『梅雨前線の正体』(茂木耕作著 東京堂出版) »