« 2015年7月のオンライン「寅の日」は #traday | トップページ | Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(79) »

2015年7月のオンライン「寅の日」は #traday

Dsc_8930
▼ あまりにも律儀だ!!
そして あまりにも美しい!!
そして あまりにも「ふしぎ!?」すぎる!!
第3大賀ハス「あこがれの4日間」の三日目だ。
 天気による若干の軌道修正はしているようだが、あらかじめ仕込まれたプログラムどおりに動いているように見える。どんなカラクリになっているのだろう?
 こんなとき、「あの人」だったら何をどう観察し、どう表現しただろう?
どんなふうに謎解きをしただろう?
▼7月のオンライン「寅の日」を案内する時期が過ぎている。
100回をすぎて、200回めざしての再スタートだ。
きっとここから「本番」なのだろう。
・なぜ今、寺田寅彦なのか?
・オンライン「寅の日」がめざすものは?
・これからの「科学」とは?
・寅彦に何を学ぶのか?
等々
 多くのことがまだまだ保留のままだ。
歩みをとめずに すすめながら考えていこう。
7月は3回ある。

■2015年7月オンライン「寅の日」
◆第101回オンライン「寅の日」 …7/01(水)
◆第102回オンライン「寅の日」 …7/13(月)
◆第103回オンライン「寅の日」 …7/25(土)

▼何から読めばいいのだろう?青空文庫のリスト見ながら考えてみたが、迷うばかりだ。
迷ってばかりいては前に進まない。歩みながら考えるのが私の流儀だ。
私の勝手な「文脈」で決めてしまった。
「寅彦は古いか?」「科学に古い新しいはあるのか?」からはじめる。
そして、もっとも身近な「大気の物理学」関係から2題を選んだ。

◆第101回オンライン「寅の日」 …7/01(水) 「科学上の骨董趣味と温故知新」(青空文庫より)

◆第102回オンライン「寅の日」 …7/13(月) 「颱風雑俎」(青空文庫より)

◆第103回オンライン「寅の日」 …7/25(土) 「海陸風と夕なぎ」(青空文庫より)

▼誰もが、人の書いたものを自分の「文脈」にひきつけて読んでいる。
私は、私の「文脈」のなかで寅彦を読む。
それしかできないからだ!!
でも、できたら多くの人の「文脈」で寅彦がどう読まれるのか?
それを知りたい!!
それを知ればより豊かに寅彦を読めそうな気がする。
そして、私の「文脈」が変わるかも知れない。
それがいちばんの楽しみだ!!

オフライン「寅の日」もときどきやりたいな。

そのうちに大賀ハス「あこがれの4日間」の謎解きのヒントも「あの人」は教えてくれるかな。
o(^o^)o ワクワク

|

« 2015年7月のオンライン「寅の日」は #traday | トップページ | Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(79) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/61787055

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年7月のオンライン「寅の日」は #traday:

« 2015年7月のオンライン「寅の日」は #traday | トップページ | Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(79) »