« 本日(2015/06/19)、第100回オンライン「寅の日」!! #traday | トップページ | オンライン「寅の日」100回達成記念オフin神戸は最高に楽しかった!! #traday »

オンライン「寅の日」100回で何を読んできたのか? #traday

Dsc_7820

▼第2号大賀ハス「あこがれの4日間」の二日目。
朝から雨だった。それを察知してか、8時になっても開こうとはしなかった。
ところが少し小ぶりになった9時頃から動きがはじまった。
あれ!?もう雨だから開かないと決めていたのではなかったのか?
不思議だと思って見ている間にどんどん開いていった。そして、なんと10時頃には雨がやんでしまったのだ。
まさかこの天気の変化までわかっていた???
私にはわからない「ふしぎ!?」が増すばかりだ。
夕方まで開き放しの状態がつづいたのである。
▼昨日でオンライン「寅の日」は100回を達成した!!
2012年の4月よりはじめたこの歩みは、ひと区切りついた。
「寅の日」は12日一回巡ってきた。
100回の歩みのなかで何を読んできたか?あらためてふり返ってみた。
読む随筆はかなり気儘に選んできたのでかたよりがあった。複数回読んだものけっこうある。
何度も読んだもの多い順に上位のものをあげてみる。

◆「科学者とあたま」(5回)

◆「津浪と人間」(4回)

◆「日本人の自然観」(4回)

◆「天災と国防」(3回)

◆「茶わんの湯」(3回)

◆「雑感」(3回)

▼ひとつの随筆でもかなりの長編で何回にも分けて読んだこともあるので、この回数だけでは比較できないところであるが、ある程度の傾向がわかる。
 「科学者とあたま」はダントツに多かった。なにか「ひとつ」をと言われればこれをあげるだろう。
お気に入りだった。
 あの警鐘「天災は忘れた頃にやって来る」に関連して「津浪と人間」「天災と国防」「日本人の自然観」が多いのはわかる。また「日本人の自然観」は、寅彦の最晩年に書かれたものであり、ここにすべてが書かれていると思ったので、寅彦の命日で大晦日12/31に毎年特別「寅の日」として読んでいるから当然回数も増えている。
 「茶わんの湯」は、国語の教科書にもよく登場した名作中の名作!!
 「雑感」、昨日の「研究的態度の養成」等で理科教育に示唆を与えてくれているのもうれしい。
▼さて、それらを読ませてもらいながら自分で何がわかったか!!わからなかったか!!
思いつくままにあげてみる。あくまで私の「文脈」なかで。
・寅彦は今日的である!!
・寅彦の書いたものはともかく面白い!!面白さの正体は!?
・寅彦は「これから」の科学も示唆している!!
・寅彦は元祖サイエンスコミュニケーターである!!
・寅彦の軸足はやはり「科学者」にある!! 
などなど

続きは、今日のオンライン「寅の日」100回達成記念オフin神戸でみなさんのお話しを聞きながら考えてみたい。

(つづく)

 

|

« 本日(2015/06/19)、第100回オンライン「寅の日」!! #traday | トップページ | オンライン「寅の日」100回達成記念オフin神戸は最高に楽しかった!! #traday »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/61767059

この記事へのトラックバック一覧です: オンライン「寅の日」100回で何を読んできたのか? #traday:

« 本日(2015/06/19)、第100回オンライン「寅の日」!! #traday | トップページ | オンライン「寅の日」100回達成記念オフin神戸は最高に楽しかった!! #traday »