« 淡路・沼島へ「雲見」の旅(1) | トップページ | 【Web更新6/29】15-26 Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 等更新!! »

淡路・沼島へ「雲見」の旅(2)

Dscn8918
Dscn8946
▼沼島二日目。
アリガタイ!!朝から晴れていた。
朝食までの朝の散策に港にでたついでに「おのころ神社」に登ってみた。
前日の「おのころ島神社」との関係は?
今さら、くにうみ神話の真偽を語るつもりはさらさらない。しかし、ここにも「動く大地の物語」の謎解きに関するヒントがひそんでいるかも知れない!!
 語り残したかったものとはほんとうは何なのだろう?
Dscn8980
▼朝食をすませてた後、本格的に沼島の「自然観察」に出かけた。
動植物・地質等にくわしい先生と一緒の「自然観察」はとてもうれしい。
 ふだん何気なく「観察」しているモノも、えらく新鮮に見えてくる。自分にとっては「へーそうだったのか!!」と「大発見」の連続だ。
 普通に歩けば一時間とかからないコースも、いくらでも時間を費やすことになった。
家に帰ったら、今度は自分の散策コースで確かめて見よう!!と思うことばかりだった。
自然は最高の教科書!!
それはほんとうだった。
Dscn9018
▼やっと目的地の「上立神岩」に着いた!!
さすが、絶景ポイントだった。
そこからの「雲見」も最高にすばらしかった。!!
その絶景ポイントで休憩をとっているときだった。
奇跡が起きた!!それは神がかり的であった。
あんまり言うと「怪しい話」になってしまうが(^^ゞポリポリ
今回の「雲見」の旅で もっとも美しい瞬間だった。
Dscn9072

彩雲を見た!!

まさか、このタイミングで見ることができるとは…
▼昼食の弁当をとってから、船に乗り「中央構造線」を渡り淡路島本島にもどった。
「中央構造線」の海上の空の「雲見」もなかなかすばらしかった。
向かいの本島からもう一度「沼島」をながめて見た。
そして、「動く大地の物語」を教えてくれる崖の上にも雲が…。
淡路島で最高に高い山・諭鶴羽山からも「沼島」を見下ろして見た。
Dscn9168
Dscn9229
Dscn9240
Dscn9283
「雲見」と「動く大地の物語」謎解きの旅は最高だった。
最後に再び渡る明石海峡大橋の上の「雲見」も、広がる大阪湾の「雲見」にも大満足だった。
お世話になったみなさん ありがとうございました。<(_ _)>
Dscn9330
Dscn9343

【追加訂正情報】\(^O^)/
「彩雲」を一緒に見た人、スミマセン
「彩雲」ではなく、もっとレアな「環水平アーク」だそうです。
Facebookで、三浦郁夫さんより教えてもらいました。三浦さんは紀ノ川河口付近で同時刻にご覧になっていたそうです。こんな偶然ってあるんですね。
同じ画像トリミングしてみました。確かに…(^^)V
Dscn9073tri1

 

|

« 淡路・沼島へ「雲見」の旅(1) | トップページ | 【Web更新6/29】15-26 Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 等更新!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 淡路・沼島へ「雲見」の旅(2):

« 淡路・沼島へ「雲見」の旅(1) | トップページ | 【Web更新6/29】15-26 Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 等更新!! »