« 【立夏の卵】の「なかみ」は!? | トップページ | 【お薦め本】『身につく 気象の原理』(横川淳著,三浦郁夫監修 技術評論社) »

二日遅れの坂本遼『たんぽぽ忌』に行った!!

Dscn6673
▼連休は過ぎたがどうも落ち着かなかった。
なにかやり残していることがあるような気がしてならない。
そうだ!!今年はまだあの詩碑を見ていなかった。


遠い峠田のてっぺん
あれはおかんかいな
鳥かいな

二日遅れだが、今年もやっぱり行ってみることにした。
昨年は生誕110年ということで、偶然のうれしい出会いがあった。
 今年は、日にちもずれているし、再び「たったひとりの『たんぽぽ忌』」かと思っていた。
ところがそうではなかった。今年は今年でとてもうれしい出会いがあったのだ。
 たまたま坂本家の周辺で清掃しておられ方とお出会いして立ち話をすることができたのだ。
なんとその方は、坂本家の隣の家の方でご親戚すじにもなるらしい。
時間にするとわずか10分たらずであったが、いっぱいお話しを聞かせてもらうことができた。
・坂本遼のご家族のこと
・庭の管理のこと
・昭和の『たんぽぽ忌』のこと
・坂本遼生家訪ねてこられた詩人たちのこと
・Y先生のこと
・そしてあの「峠田」がどこかということ
等々である。
▼お話しを聞いた後、もう一度あの詩碑のところに行ってみた。
今年は、詩碑もさることながらとなりの草野心平筆の紹介碑が気になった。
その碑を見ながら
昨年の12月に聞いた「『たんぽぽ』の詩人坂本遼の魅力」の話を思いだしていた。
「坂本遼」
「草野心平」
「宮沢賢治」
等々へとツナガッテいくのだった。
そして「デクノボーの科学」へまで…
▼ほっと落ち着いた気分になった。
詩碑と赤い屋根の生家!!タンポポの綿毛!!
ここに立つことで一年がまわってきたという気分になった。
やっぱり『たんぽぽ忌』はいいな!!

にわかに空が曇り雨が降ってきた。
帰ろう。
そして来年も来てみよう!!
Dscn6679
Dscn6638

|

« 【立夏の卵】の「なかみ」は!? | トップページ | 【お薦め本】『身につく 気象の原理』(横川淳著,三浦郁夫監修 技術評論社) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二日遅れの坂本遼『たんぽぽ忌』に行った!!:

« 【立夏の卵】の「なかみ」は!? | トップページ | 【お薦め本】『身につく 気象の原理』(横川淳著,三浦郁夫監修 技術評論社) »