« Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(64) | トップページ | 二日遅れの坂本遼『たんぽぽ忌』に行った!! »

【立夏の卵】の「なかみ」は!?

Dscn6407
▼私は何気なく「立春でなくても卵はちゃんと立つぞ!!」だけを言いたくて、今年の立春の前日(節分2015/02/03)に5個の卵を立てた。ちょっとした遊び心から「いつまでたつだろう?」と毎朝観察しつづけた。
ついに昨日、立夏になってもまだ2個が立ち続けていた。
 78日目倒れた卵の「なかみ」はすでに確かめていた。88日目(2015/05/02)の朝2個の卵が同時に倒れた。
その倒れた2個の卵を私はその場所にそのままにしておいた。
立夏の昨日、その「なかみ」を確かめることにした。
Dscn6417
▼まず最初に手にした感じは、「少し軽い!!」と思った。
でもカラカラになっていると感じはしなかった。これは前回でわかっていたのでさほど驚かなかった。
まず前回と同じように立ててみた!!
Aは数秒で立った!!「やっぱり立ちやすくなっている」と思った。
ところがBはそうは行かなかった。十分以上かかってしまった。でもなんとか立てることができた。
あぶない!!あぶない!!
やっぱりひとつの事例だけで判断することは危険だ。
 次に重さを測ってみた。なんと
A…65g
B…60g
もあったのだ。人間の感覚もあてにならないものだと思った。
Dscn6434
Dscn6439
▼しかし、次にはそれにも逆転が起こった!!
水に浮かせてみた。前回は沈んでしまったので、「今回も…」と思っていた。
ところがちがっていた。
AもBもぽっかり浮かんだのだ!!
念のため新しい卵を冷蔵庫から持ってきてやってみた。確かに沈んだ!!
してみると私の最初の「少し軽い!!」は正しかったのかもしれない!!
あきらかに水は蒸発し、密度は小さくなっていたのだ。
Dscn6445
Dscn6467
Dscn6473
▼いよいよ穴をあけて「なかみ」をみてみることにした。穴は前回と同じくやすりを使って開けた。
穴を開けはじめてすぐ気づいたことは、ずいぶん上の方まで「なかみ」があることだった。
「なかみ」はあまり減ってはいなかったのだ。
再び対照実験のため新しい卵も穴を開けてみた。
「なかみ」の量的にはあまりちがいがないように思われた。
A.Bの方は白身と黄身のさかいがはっきりしなくなっていた。ドロドロという感じだ!!
色、においについてはさほどのちがいはみられなかった。
やっぱり新鮮な卵の方は白身にプルプル感があった。
きっと立夏に立ち続ける2個の「なかみ」もこんな感じたろうと思った。

さあ、その2個はいつまで立ち続けるだろうか?

この実験報告を逝きし先生にささげる!!  合掌

Dscn6536

|

« Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(64) | トップページ | 二日遅れの坂本遼『たんぽぽ忌』に行った!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【立夏の卵】の「なかみ」は!?:

« Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(64) | トップページ | 二日遅れの坂本遼『たんぽぽ忌』に行った!! »