« サイエンスコミュニケーター宣言(352) | トップページ | 【Web更新11/9】14-45 サイエンスコミュニケーター宣言等 更新!! »

サイエンスコミュニケーター宣言(353)

Dsc_4139
▼大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから32週目だった。
今年「あこがれの4日間」をむかえたのは6つある。そのうち最も多くの種子を手に入れることができたのは第4大賀ハスだった。(11個の種子)
 その果托は観察池からはみ出し、花茎にぶら下がっていた。花茎はもちろん枯れてしまっていた。
しかし、冷たい北風にねじれながらも耐えていた。
いったいどこまで…?それも観察してみようと思った。
▼午前中は東の畑を久しぶりに耕し、午後(と言うより夕方)は、楽しみにしていたファラデーラボのかがくカフェにでかけた。

◆かがくカフェ 左巻健男氏講演会

後の「懇親会」も含めて6時間近くたっぷりと左巻さんのお話しを聞くことができた。
実に面白かった!!
 情報は交叉するところに生まれる!!
はホントだと思った。
▼今進めている「現在地」確認作業に重ねてお話を聞かせてもらった。
いくつかのあらたな「情報」「課題」が生まれた。
・ならば「ホンモノの科学」とは?
・現代理科教材発展史「カルメ(ラ)焼き」の可能性
等々である。
▼なかでも第5の座標軸

(5) 日本理科教育史を現在進行形のかたちでまとめる。

に関して示唆的な話をいくつも聞けた。
これはアリガタイ!!深謝。
 私などにとっては、とても仰々しい座標軸だ。
しかし、今、もっとも興味深い作業であることも確かだ。
誰もが、それぞれの立場から「私の科学」が、どこからやってきたかを明らかにすることは、「これから」を考えるとき必須の作業である。
 私のこの作業は、はじまったばかりだ。
ゆっくり ゆっくり急ごう!!

とりあえず今回の「現在地」確認作業についてはここまでとしておこうと思う。


|

« サイエンスコミュニケーター宣言(352) | トップページ | 【Web更新11/9】14-45 サイエンスコミュニケーター宣言等 更新!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイエンスコミュニケーター宣言(353):

« サイエンスコミュニケーター宣言(352) | トップページ | 【Web更新11/9】14-45 サイエンスコミュニケーター宣言等 更新!! »