« 本日(2014/09/16)、第76回オンライン「寅の日」!! #traday | トップページ | 2014年全国ヒガンバナの今は!? #higanbana »

ゲホウグモの「産卵」を見た!!

Dsc_3516
Dsc_3558
Dsc_3564
Dsc_3573
Dsc_3666
Dsc_3704
▼私はこの報告をここに書くべきか少し躊躇している。
こんなこと書いたら、都合のいい「作り話」をしていると受けとられるのではないかと心配するからである。
それほど自分でも驚くほどラッキーな偶然の観察だった。
2014/09/15(敬老の日)21:34 私はもう寝ようとしていた。その前に気になることがあったので貴奴(ゲホウグモ)の柿の木を見に行った。気になるというのは二日連続してあのネットをつくっていなかった。
急に朝夕の気温がさがってきたからもう次なるステージに移行して居なくなってしまったのだろうか。そう思いつつももう一度念のために確かめておきたかったのだ。
▼柿の木のてっぺんになにか動くものを見た。
下から見ていると、ネットづくりではないなにか別の作業のように見える。姿は貴奴のように見えた。
納屋から脚立を取り出してきて近づいてみることにした。
驚いたことにあのゲホウグモが「産卵」していたのだ。
「卵のう」の表面の黄色い糸!!
見慣れた貴奴の姿!!
9日の朝、この柿で発見したものと同じものだ!!
脚立の上でライトをあてながらの撮影でなかなかうまく撮れない。
ピントをあわすのもままならない。しかし、そんなことはどうでもよかった。
生涯もう二度とないだろうシャッターチャンスだった!!
シャッターを押しまくった。
私はどうしても、
ゲホウグモの「産卵」!!
という事実を記録化しておきたかったのだ。
▼一夜明けて、柿の木のてんぺんには朝日が当たる「卵のう」があった。
少し冷静になると、次々とゲホウグモの「ふしぎ!?」が脹らんでくるのだった。
・あの黄色い糸はなんだ?
・初夏に見た「卵のう」の赤い糸との関係は?
・子蜘蛛はここからほんとうに「出のう」するのか?
・産卵するということは雄のゲホウグモが居たはず、ではそれはどこに?
・ゲホウグモは年に何度「産卵」するのか?
・産卵した雌のゲホウグモはいつ姿を消すのか?
等々
▼昨日、朝も帰宅してからも昼間の貴奴を捜していた。前にいたいつもの場所にはいなかったのだ。
しかし、夜の7時半ごろになると長い長い糸が柿の木から漂いだした。
今朝には、きっちりとあのみごとなネットが張られていた。
そして貴奴も居た!!

私のクモ学の「ふしぎ!?」もまだまだ続きそうだ。
今朝からこのblogの新しいカテゴリーに「クモ学」を加えた!!
Dsc_3824

|

« 本日(2014/09/16)、第76回オンライン「寅の日」!! #traday | トップページ | 2014年全国ヒガンバナの今は!? #higanbana »

コメント

楠田先生、こんにちは。

 鈴木勝浩です。

 先生が、何度も何度も観察するべく

 ゲホウグモのいるフィールドに
 出られているからこそ、

 すばらしい産卵シーンにも
 出会うことができたのですね。

 ありがとうございます。

投稿: 鈴木勝浩 | 2014/09/18 06:05

鈴木勝浩さん
いつもコメントありがとうございます。
ゲホウグモというめずらしいクモとの出会い一年目から
こんなにもいろんな姿を観察できたのは鈴木勝浩先生のアドバイスと応援があったからこそです。
アリガタイことです。深く深く感謝します。
自分でも信じられないぐらいいろんなものを観察しました。
 まだ、今夜もまたあのみごとなネットをつくることでしょう。またふたつの「卵のう」もあります。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: 楠田 純一 | 2014/09/18 18:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/60328437

この記事へのトラックバック一覧です: ゲホウグモの「産卵」を見た!!:

« 本日(2014/09/16)、第76回オンライン「寅の日」!! #traday | トップページ | 2014年全国ヒガンバナの今は!? #higanbana »