« 「コウガイビル」が消えた!? | トップページ | またしてもゲホウグモのスゴ技を見た!! »

【Web更新8/17】14-33 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!!

Dsc_9932


棉の花 末には赤く しぼむかな 14/08/16 (土)撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】14-33
週末定例更新のお知らせ
 夏休みもラスト2週間となった。
 昔からそうだった。一年間でいちばんメランコリーな気分に陥りやすいシーズンだ。
 山積する宿題。残された時間の不足!!
それを逆手にとれば、ほんとうに「やりたいこと」を優先的に集中してやれるシーズンでもある。
ラスト2週間!! ゆっくり ゆっくり 急ぐ!!

◆表紙画像集2014 更新 人里の自然シリーズ 棉の花
 久しぶりに東の畑に綿をつくってみた。最初にずっと以前に育てていた綿の種子を蒔いてみた。なかなかうまく発芽しなかった。近くの人に種子を分けてもらって再度挑戦した。それでもダメだった。
なんでだろう。こんな育てやすいもののはずなのに。
 最後には種子を分けてもらった人に苗を分けてもらって育てた。
花が咲き始めた。やさしい白い色だ。それがしぼみ始めると赤い色へと変わっていった。
その赤が雨にぬれ鮮やかだった。
そのうち実がはじけ白い白い綿を収穫できる季節が到来するだろう。
この赤の意味はなんだろう?

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 まだまだ極地方式研究会第45回定期研究集会(裏磐梯)の4日間の反芻作業を繰り返していた。
その作業を通して、私の「現在地」を確認していきたい。
 
◆「コウガイビル」を追う 更新!!
 実に5年ぶりのページ更新だった。
 更新させてくれたのは人生4匹目に出会ったコウガイビルだった。今回出会ったコウガイビルはちょっと特別の意味を持っていた。
 それは、発見場所である。家の庭の柿の木に発見したのである。
 あのゲホウグモが毎夜ネットを張っている柿の木である。
 ヒガンバナ定点観測地のすぐそばの柿の木である。
 ちょっと大袈裟であるが、あの南方熊楠が自宅の柿の木から新属新種の粘菌「ミナカテラ・ロンギフィラ(Minakatella longifila)」を新発見したようにである。

 最大の「ふしぎ!?」は、最も身近にある!!

それを立証することにならないだろうか。

◆新・「自由研究」のすすめ試論 更新!!
 

想定していたテーマ以上に次々と面白いことに出くわしていた。
そろそろ研究報告を射程に入れた取り組みが必要な時期になってきた。
試論の方もそれを意識していこうと思う。

◆【大賀ハス観察日記】 更新!!
 観察池は葉のジャングルと化している。
これはいつまで続くのだろう。


|

« 「コウガイビル」が消えた!? | トップページ | またしてもゲホウグモのスゴ技を見た!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/60168809

この記事へのトラックバック一覧です: 【Web更新8/17】14-33 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!!:

« 「コウガイビル」が消えた!? | トップページ | またしてもゲホウグモのスゴ技を見た!! »