« 【Web更新5/4】14-18 新・クラウド「整理学」試論 等 更新!! | トップページ | 本日(2014/05/07)、第65回オンライン「寅の日」!! #traday »

今年の坂本遼『たんぽぽ忌』は!!

Dscn4641
▼定年退職してからのこどもの日の坂本遼『たんぽぽ忌』は、私のなかでは定番化しつつあった。
・2011.05.05
・2012.05.05
・2013.05.06(昨年は都合で5/6)
Dscn4667
▼今年もたったひとりの『たんぽぽ忌』を以前から決めていた。しかし、天気はあいにくの雨、タンポポ日和ではなかった。詩碑の近くでのんびりとおにぎりでもいただいて…、と言う計画は無理だ。
 では、生家の軒下であの復刻版『たんぽぽ』(坂本遼詩集たんぽぽ復刻版昭和五十五年五月五日)でも読ませていただこうかとカバンに入れた。
 生家(加東市東条町横谷)についた頃には雨はやんでいた。
しかし、生家の周辺の様子がいつもと違っていた。車が幾台もとまっていた。生家もあけられ、なかに何人もの方がおられるように見えた。
一瞬、『たんほぽ忌』復活!!と思った。(これはあながち間違いではなかった。)
▼恐る恐る玄関に近づいていって、「私は突然来たものなんですが、入れてもらってもいいですか」と尋ねると、「名前を書いてください」とていねいに案内された。
 なかに入ると坂本遼作詞の校歌合唱のテープが流れていた。
プログラムをいただいて、何が行われているのか少しわかってきた。
プログラムにはこう書いてあった。
「坂本遼先生を偲ぶ こども詩の会~生誕110年を記念して 5月5日「たんぽぽ忌」復活の思いをこめて~」
私は、とても偶然とは信じがたいほどうれしい会に参加させてもらうことになったのだ。
お弁当、いちごまでいだいてしまった。深謝。
▼この会のほんとうの意味は後々に知ることとなった。
「こどもの詩の会」の乾公人先生からいただいた『こどもの詩の会 詩集第38集』をみせてもらって、この会と坂本遼先生のつながりを知った。坂本遼先生は昭和25年10月からはじまって、今もつづくこの会の指導者だったのだ。 もっと驚くことがあった。私を最初にていねい案内してくださったのは、坂本遼先生のご子息坂本章氏だったのだ。ご親戚のみなさんにもお目にかかることができた。
その坂本章氏の案内で、書斎、昔の農具のある納屋を見せてもらった。
墓所にお参りまでさせてもらった。
今年の坂本遼『たんぽぽ忌』は、きわまりなくうれしいものとなった。
こんな偶然ってほんとうにあるもんなんですね。
お世話になったすべての人に深謝である。
来年もこどもの日 5月5日には…。

 

|

« 【Web更新5/4】14-18 新・クラウド「整理学」試論 等 更新!! | トップページ | 本日(2014/05/07)、第65回オンライン「寅の日」!! #traday »

コメント

楠田様
偶然な出会いが最高になりました。有難うございました。感謝と感激です。最初にご挨拶をさせて頂きました時、「たった一人のタンポポ忌」の積りでしたが、、、の言葉の響きが残っています。凄い偉い人だなあーと感じました。名刺を拝見してビックリしました。「情報は発信するところに集まる」との言葉です。毎年、お越し頂いていた事を知り、遼の心を推察しながら、感動に浸っています。
通算、30年間、海外に駐在していましたので、ご無沙汰しております。今後共宜しくお願い申し上げます。坂本章

投稿: 坂本章 | 2014/05/06 19:28

坂本章様
 昨日はほんとうにありがとうございました。
また、さっそくのコメントもありがとうございます。
こんな偶然があるのかと私自身も感謝感激です。何十年ぶりにお家にあがらせていただき、これまでも見たことのないような場所まで案内していただいた上に、ご子息 章様のお話を直接聞けるなんて最高でした。
 当分の自慢話ができました。今後とも末永いおつき合いをよろしくお願いします。深謝。

投稿: 楠田 純一 | 2014/05/06 21:50

 たんぽぽの詩人 坂本遼
  http://ryosakamoto0901.wix.com/tanpopo

投稿: 坂本章 | 2014/05/17 21:27

坂本章さん
ホームページ完成のお知らせありがとうこざいます。
見せていただきました。
すばらしいページに仕上がりましたね。
坂本遼先生に関する情報がどんどん蓄積されていくのを楽しみにしております。
今後とも末永いおつきあいをよろしくお願いします。

投稿: 楠田 純一 | 2014/05/18 06:53


生誕110年 郷土の詩人 坂本遼展 ご案内

 加東市横谷出身の詩人坂本遼の生誕110年を記念し、坂本遼の詩や遺品、詩集「たんぽぽ」、児童詩雑誌「きりん」などを展示します。〈おかん〉のいる農のふるさとを、地のことばで素朴に紡いだ坂本遼の作品世界を紹介しますので、ぜひお越しください。

生誕110年 郷土の詩人 坂本遼展

期間____________12月6日(土曜日)~12月14日(日曜日)※12月8日(月曜日)は休館日
時間____________10時00分~17時00分
場所____________加東市滝野図書館2階ギャラリー「伝」 ※入場無料


記念講演会「たんぽぽ」の詩人坂本遼の魅力

講師___________甲斐史子氏(姫路文学館 学芸員)
日時___________12月7日(日曜日)10時30分~12時00分(受付10時00分~)
場所____________加東市滝野図書館3階 会議場
定員___________100名(先着順・申込必要)
参加費________無料
申込期限___ 12月5日(金曜日)
申込方法
参加申込書に必要事項を記入の上、加東市立図書館(中央図書館、滝野図書館、東条図書館、図書・情報センター)でお申し込みください。 お電話、FAXでのお申し込みは東条図書館で受付します。


案内ちらし・記念講演会申込用紙
生誕110年坂本遼展ちらし(PDF:667KB)

投稿: 坂本章 | 2014/11/09 15:04

坂本章さま
おはようこざいます。
生誕110年坂本遼展のご案内ありがとうございます。
ぜひ参加させていただきたいと思います。
とても楽しみです。

投稿: 楠田 純一 | 2014/11/10 07:01

ご無沙汰しております。「坂本遼の世界」を4月29日にコスミックホールで開催します。今回は大阪での活動と加東市での活動の相互理解と交流及び国際的な流れをテーマにしています。http://cosmic-hall.org/posts/sakamotoryo-484/

投稿: 坂本章 | 2017/03/09 09:46

坂本章さま
 おはようございます。こちらこそご無沙汰しています。
案内ありがとうございます。
 ぜひ参加させてもらいたいと思います。
 よろしくお願いします。<(_ _)>

投稿: 楠田 純一 | 2017/03/10 06:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/59593175

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の坂本遼『たんぽぽ忌』は!!:

« 【Web更新5/4】14-18 新・クラウド「整理学」試論 等 更新!! | トップページ | 本日(2014/05/07)、第65回オンライン「寅の日」!! #traday »