« 新・クラウド「整理学」試論(45) | トップページ | 新・クラウド「整理学」試論(47) »

新・クラウド「整理学」試論(46)

Dsc_2727
▼4月晦日の空もまだはっきりしなかった。
定点観測地のヒガンバナは加速度的に枯れていく、そこから数十㎝離れたところのボタンの巨大な花がさきはじめた。毎年繰り返しているパターンだ。同じ時期には同じことを繰り返している。
 アタリマエと言えばアタリマエのことであるが、やっぱり「ふしぎ!?」だ。
自然とはなんと律儀であるのか!!
▼さあ5月である。
思いつきののぼりおり「整理学」をすすめる月にしたい。
新しいタイムテーブルに少しだけ慣れてきた。不都合は軌道修正もしていこう。
 種々の「整理学」遍歴のはてにたどり着いたことがいくつかある。
そのひとつが「ナルヨウニナル!!」ということだ。
すばらしい「整理術」に感動し、自分で試してみるのもいいことだ。しかし、それがほんとうに自分に合っていなければいつしか、元の木阿弥である。
学問に王道がないように、整理にも王道はないのである。
「ナルヨウニナル!!」のである。これは諦観ではない。もっともっと積極的な意味だ。
「ナルヨウニナル!!」から自分にびったりのものを見つけ出すことが大切なんだ。
それを
成るように成るの法則
とよんでおこう。
▼のぼりおり「整理学」にこの法則をあたはめてみよう。
世の流れと少し離れてしまうことになるかも知れないが、とりあえず色々試みたが、けっきょく私に残ったツールをそれぞの段階にあてはめてみよう。

(三) 第三段階…本格的段階 …「思考の整理」…Webページ
↑↓
(二) 第二段階…過渡的段階 …「情報の整理」…Twitter、Facebook、blog、他SNS  
↑↓  
(一) 第一段階…素朴的段階 …「空間の整理」…袋ファイル、システム手帳、ライフログ

▼必ずしも順々に「のぼる」だけが方法ではない。「とびあがりの思考法」もあってもいい。
また「のぼる」だけでなく「おりる」ことも大切。
いちばん大切なのは「のぼりおり」を飽きないで繰り返すことだ。
常に更新を繰り返すことだ。
「整理学」に終わりはないのだ。
そうだとするなら、そのプロセスを楽しむしかない。
「ねばならない」より「面白そう」を優先させよう!!

さあ、5月どこまで…。


|

« 新・クラウド「整理学」試論(45) | トップページ | 新・クラウド「整理学」試論(47) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新・クラウド「整理学」試論(46):

« 新・クラウド「整理学」試論(45) | トップページ | 新・クラウド「整理学」試論(47) »