« 現代理科教材発展史「究極のクリップモーター」(7) | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(321) »

サイエンスコミュニケーター宣言(320)

Dsc_0474

▼先日からちよっと気になるものを庭先のほったらかしプランタンのなかに見つけているんだ。
まんまるで朝日が当たると「宝石」のように輝くんだ。コケの蒴(胞子をいれる袋)だ!!
こんなコケあったかな。名前を知らない調べてみたくなった!!
丸い蒴に特徴があるので、タマゴケ!!でもどうもちがうな。いろいろ調べた結果、今のところヒロクチゴケ!!
方がびったりくるな。
▼そう言えば一時、ゲッチョ先生の『コケの謎』(盛口満著 どうぶつ社)に感化されて、「コケばっかり病」になっていたことがあった。
 私の持病は「ばっかり病」だけでなく、「あれもこれも病」というのあわせ持つ。(^^ゞポリポリ
一時そればっかりに夢中になっていたかと思うと、いつの間にかまた別のものばっかりになってしまっているのである。自覚はしているつもりだが、もう今さら完全治癒はできないだろう。
「ばっかり病」と「あれもこれも病」と楽しくつき合っていくしかない。
▼さて、サイエンスコミュニケーター宣言をはじめて4年目がスタートしている。
はやくも3日目の朝だ。
「今年はどうされるんですか?」と訊かれた。
「はい、サイエンスコミュニケーターをやります!!」
「えっ、(?_?)」
しばらくの沈黙があって「がんばってください!!」の返事がかえってきた。

今度は自分に問うてみる。
「サイエンスコミュニケーターってなに?」
▼サイエンスコミュニケーター4年目のメインテーマはきめていた。

私の「ふしぎ!?」から私の「科学」へ

だ。それにしてもなんで私は「私」をなんでこんなに多用するだろう。
これも昔からだ。ひょっとしたらこれも持病!?

「ばっかり病」「あれもこれも病」「私多用病」(今、つくった病)、これらの持病と楽しくつき合いながらの一年になるといいな。

(つづく)

|

« 現代理科教材発展史「究極のクリップモーター」(7) | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(321) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイエンスコミュニケーター宣言(320):

« 現代理科教材発展史「究極のクリップモーター」(7) | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(321) »