« 3.11 あれから3年!! | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(314) »

サイエンスコミュニケーター宣言(313)

Dsc_8739
▼紅梅には、やっぱり青空が似合っていた。
あれから3年の3.11はゆっくりと「現在地」を確認しながらすごした。
▼4年目のスタートも、サイエンスコミュニケーターとしての「現在地」確認の作業を続けることからはじめよう。
5つの座標軸の第4番目は

(4) あらたな理科教育コミュニティの構築!

であった。
 「理科教育コミュニティ」で咄嗟に私が思い出すのは、やっぱり【理科の部屋】である。
【理科の部屋】20年の歩みは、昨年20周年を記念して年表にまとめた。
【理科の部屋】にこだわり続けるつもりはない。
しかし、私にとってはこの座標軸の「原点」は【理科の部屋】にある。
これは生涯変わることないだろう。
▼「これから」を考えるとき、やはり頭にあるのはソーシャルメディアの活用である。
より具体的にはTwitterやFacebookの利用である。
今朝現在のTwitterには575人のフォロワーがいる。
Facebookには130人の友達がいる。そのタイムラインのすべてに目を通しているわけではないが、私にとっては欠かすことできない情報源になりつつある。
 ソーシャルメディアに関しての評価は人さまざまなようだ。それはきわてアタリマエ!!のことである。
だって、人それぞれが見ているタイムラインはちがうのである。
ちがうものに対して同一の評価がある方がむしろ奇異なことなのかも知れない。
 しかし、私には「不易」な貫くものがあると思っている。
それがTwitter的であること!!
Twitter的=「リンク」「シェア」「フラット」「等身大」「リアルタイム」「アクティブ」
は思考方法であり、姿勢であり哲学であるのだ。
▼最近、「これから」のあらたな理科教育コミュニティ構築を示唆するような、うれしい動きがあった。
それは、【理科の部屋】20周年記念オフ、ファラデーラボ3周年記念企画(【祝】本日(2014/03/12)3歳の誕生日)で連続してお話を聞いた三浦郁夫さんからの情報であった。
 3/1に出た質問に関して、それをオンラインで解説するようなページをつくってくださったのだ。
◆【お天気の知識】上層と下層の雲の動き(3月9日)
 ありがたいかぎりである。
 様々な立場の人たちでつくっていく「あらたな理科教育コミュニティ」構築!!
この歩みは今はじまったばかりなのかも知れない。

「私」発→「地球」行きのメディアを駆使して・・・。

|

« 3.11 あれから3年!! | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(314) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイエンスコミュニケーター宣言(313):

« 3.11 あれから3年!! | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(314) »