« 【Web更新3/2】14-09 【天気の変化】 等 更新!! | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(309) »

サイエンスコミュニケーター宣言(308)

Dscn3445
▼見ているけど「見えていないこと」があった!!
こんなに毎日「雲見」をしていながら、こんなアタリマエのことが見えていなかった。
雲の流れは見えない大気の動きを可視化してくれていた。雲は一定方向に流れるとばかり思い込んでいた。
三浦さんのお話を聞いた後に見る「雲見」で気づいた。
いろんなかたちの雲が、その雲の高さを教えてくれていた。
高さのちがう雲は、まったく違う方向に流れていた!!
私にとっては、それは大発見だ。「雲見」がより面白くなった気分である。
Dsc_8117
▼足元の宇宙にもそれはあった。
毎年毎年見続けてきた「ホシノヒトミ」。
その「ホシノヒトミ」が「オオイヌノフグリ」になっていくプロセスは見えていなかった!!
花を脱ぎ捨てた貴奴は、心持ち脹らんできているように見えた。
▼3月がはじまってはや四日目だ。
あと一週間で、3.11になる。
3月が終われば、私が「サイエンスコミュニケーター」を宣言してから、地球は太陽のまわりを3回転してきたことになる。
 そこで今一度、サイエンスコミュニケーターとしての「現在地」を確認しておこうと思う。
 私は、いつでも「現在地」を確認できるようにと、5つの座標軸を設けた。
(1) 道楽的「科学」・道楽的「理科」の追求!
(2) サイエンスイベント・ムーブメントに参画する。
(3) 中学校「理科」カリキュラム全課程実践的検討!!
(4) あらたな理科教育コミュニティの構築!
(5) 日本理科教育史を現在進行形のかたちでまとめる。
である。
▼この座標軸に従って、3回転し終わるまでに「現在地」を確認し、4回転目に入りたいと思う。
まず最初は、
(1) 道楽的「科学」・道楽的「理科」の追求!
である。これがもっとも重要なベースとなる座標軸なのかも知れない。
別の表現をとれば、
「私の科学」の現在地は?
ということになるだろう。最近、いろんな人と会って、その人の「私の科学」に学ぶなかで思いついたことがある。
「アクティブ科学」である。単なる思いつきの造語である。
くらしのなかにこそ「科学」はある。
くらしのなかで活きてはたらいてこそ「科学」の名に値するのである。
これを漠然とした「ひとくくり」にしてしまうのでなく、くらしのなかの営みごとに個別にとりあげた方が見えやすくなるのではと思いからだ。
例えば
・食べる科学
・観る科学
・遊ぶ科学
・育てる科学
・逃げる科学
等々

(つづく)

|

« 【Web更新3/2】14-09 【天気の変化】 等 更新!! | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(309) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイエンスコミュニケーター宣言(308):

« 【Web更新3/2】14-09 【天気の変化】 等 更新!! | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(309) »