« 新・私の教材試論(96) | トップページ | 本日(2014/02/24)、第59回オンライン「寅の日」!! #traday »

新・私の教材試論(97)

Dsc_7269
▼今、「ふしぎ!?」と「観察」と「科学」の三つの関係が気になっている。
そんな大げさに言うことではないのかも知れないが。
 「ふしぎ!?」か先か、「観察」が先か、いやそれともはじめに「科学」ありきなのか…
そんなこと考えていたら、あの庄司和晃さんの「認識の三段階連関理論」(のぼりおり認識論)を思いだした。
 大賀ハス蓮根の植え替えから47週目の定例観察日だった。観察池には再び氷が…。
『電流と磁界』の教材リストアップをつづける。
 次はいよいよ「ローレンツ力」だ。なんとも「ふしぎ!?」な力だ!!
・陰極線とローレンツ力
・アルミホイル帯とローレンツ力
・電気ブランコ
・バイブラ電球
・究極のクリップモーター
・なんでもスピーカー
ここは面白教材のオンパレードだ。
▼次は「電磁誘導」だ。
なんどでも繰り返そう!!
●1831年 ファラデー(英)電磁誘導電流の発見。
「電気の世紀」のはじまりのところだ。
この「ふしぎ!?」を利用して我々はくらしているのだ。
・電磁誘導の実験
・レンツの法則(へそ曲がりの法則)実験
・自転車発電機
・手回し発電機(ゼネコン)→モーター モーター→発電機
・マイクロホン→スピーカー スピーカー→マイクロホン

▼リストアップしながら新規に加えたいものも含めて、すぐれた教材の法則
・「3K1Aの法則」(感動・簡単・きれい・安全)
・「3Hの法則」(ホット・本質的・ホンモノ)
に照らし合わせながら吟味を繰り返していた。
 そして、あの「のぼり・おり」のどこに位置するのか検討していきたい。

 今日は、勝手にオフライン「寅の日」の日だ!!
 楽しみである。

(つづく)


|

« 新・私の教材試論(96) | トップページ | 本日(2014/02/24)、第59回オンライン「寅の日」!! #traday »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新・私の教材試論(97):

« 新・私の教材試論(96) | トップページ | 本日(2014/02/24)、第59回オンライン「寅の日」!! #traday »