« 「雪おばさん」って何!? | トップページ | Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(5) »

あれから19年の歳月が!!そして…

Dsc_4972
▼定点観測地Aのヒガンバナが元気だった。葉を可能なかぎり伸ばしこの季節を謳歌しているようだった。
たしか19年前も同じ株のヒガンバナを観察していた。
 一度は「引っ越し」をさせたが、同じ株であることにはちがいない。
分球を繰り返して今日に至ったのだ。最初はたったひとつの鱗茎(球根)であったにちがいない。
その姿を見てみたいが、時間は遡行しない。
▼まもなく19年前のあの時間だ。
19年前も私は今朝と同じことをしていた。こうしてパソコンに向かっていた。
一年前は…?二年前は…? …?
はと「記録」に残っているものを読み返してみた。
●あれから18年の歳月が!!そして…
●あれから17年の歳月が!!そして…
●あれから16年!そして…
●あれから15年。そして…
●あれから14年、そして
●あの朝から13年が。そして…
▼記録に残る範囲では私は毎年1.17の朝には同じことを繰り返していた。
少しずつでも前進しているのだろうか。
ふたつの歩みの歴史が重なった。
ひとつは【理科の部屋】20年の歩みだ。
20年の歩みのなかに「1.17」と「3.11」があった。
それらが歩みにどのように関係しているか。
年表を繰り返しみながら考えみたい。
▼もうひとつは【大地の動きをさぐる】の学習の歴史だ。
 この学習は少しずつでも進化・深化していっているだろうか。
自問しながら今日一日を過ごしたい。

時間・歴史はけっして遡行しない。
それは事実である。
しかし、また
「自然」はきわめて律儀に繰り返す。
ことも事実である。

あの19年前のあの時間が近い。あの「哀しみ」に…    合掌 2014.01.17 早朝                 

|

« 「雪おばさん」って何!? | トップページ | Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あれから19年の歳月が!!そして…:

« 「雪おばさん」って何!? | トップページ | Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(5) »