« 【授業】【電気の学習】【電流と磁界】を構想する!!(1) | トップページ | 【授業】【電気の学習】【電流と磁界】を構想する!!(3) »

【授業】【電気の学習】【電流と磁界】を構想する!!(2)

Dsc_4535
▼年を越しても例のキツネノカミソリは成長を続けていた。
結局7つの種子を回収し、いまも発芽し成長を続けているのは5つだ。
年が変わってからフタをとってやった。そうすると成長が加速されたような気がする。
緑の部分(葉になる部分?)は背が高くなり、白い部分(根になる部分?)からは毛のような出てきているように見える。それはまさに植物らしい「光と水を求めて」のくらしの展開であった。
▼その世界の「ふしぎ!?」の謎解きをするためには、鍵になることを最初に知ることだ。
そしてその鍵の使い方の訓練をして、「ふしぎ!?」を解いていくのである。
それはきわめて面白い営みである。
植物の世界の「ふしぎ!?」を解く第一の鍵は、この「光と水を求めて」のくらしからわかる通り、「光合成」だ。
「光合成」という鍵を使って植物の世界を探検していけば発見・感動の連続である。
 では、今構想する【電気の学習】【電流と磁界】の世界において、第一の鍵とはなんだろう。
▼その第一の鍵を「電子」に想定しての取り組みが、昨年内にやった「電気学事始め」の授業だった。
 後出しで「電気(電流)の正体は、実は…」とやるのでなく、「はじめに電子ありき」でやろうとしたのである。
そうすることで具体的なイメージを描きつつ電気の世界に入っていけると考えたのだ。
以前の授業プラン【電気の学習】
で言うなら、次に相当するところだ。

PartⅠ 『物質と電気』
1.物質と電気
 「電気って、どんなもの」
 【読み物】『電気の発見者はわからない」』
 【実験】ネオン球、蛍光灯で
2.電気の種類
 【実験】ストロー検電器
3.電気の正体
 【実験】なんでも引きつける(分極)
 【読み物】電気の正体
4.導体と不導体(絶縁体)
 ・金属と自由電子
 【研究実験】
 ・『電気人間』/『電気リレー』
5.電子の流れ
 【実験】誘導コイルを使って
 ・放電、真空放電
 ・ネオン球、蛍光灯を
 ・クルックス管
▼「はじめに電子ありき」がほんとうに有効なのか。その真価が問われるのがこれからだ。

PartⅡ 『電流と回路』
1.電流回路
 【実験】豆電球と電池と導線一本で
 ・ショート回路
2.電流の大きさをはかろう。
 ・電流計の使い方
3.電圧(電子のもつエネルギー)の大きさをはかろう。
 ・電圧計の使い方
4.直列回路と並列回路
 <直列回路>
 ・「電流一回り一定の法則」
 ・「電圧たてつなぎの法則」
 <並列回路>
 ・「電圧平等の法則」
 ・「電流よこわかれの法則」
5.電流と電圧の関係
 【実験】固定抵抗に電流を流して
 オームの法則
6.抵抗とは
7.抵抗の大きさ
8.電流をコントロールしよう。
9.直流と交流
 【実験】発光ダイオードを使って

目に見えない小さな「電子」のイメージを想定することで、どこかまで「ふしぎ!?」が解けていくだろう。
これからもずっと使いものになる 私の「科学」を手にいれることはできるだろうか。
まだまだ構想をつづける必要がありそうだ。

<つづく>


|

« 【授業】【電気の学習】【電流と磁界】を構想する!!(1) | トップページ | 【授業】【電気の学習】【電流と磁界】を構想する!!(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【授業】【電気の学習】【電流と磁界】を構想する!!(2):

« 【授業】【電気の学習】【電流と磁界】を構想する!!(1) | トップページ | 【授業】【電気の学習】【電流と磁界】を構想する!!(3) »