« 【Web更新12/22】13-52 新・クラウド「整理学」試論 等 更新!! | トップページ | 新年の抱負 2014 !! »

本日(2013/12/31)、第54回オンライン「寅の日」!! #traday

Dsc_3937

▼昨日、昼近くに別の用件もあり、山沿いの散策コースを歩いた。ちょうど竹藪でかげらになって一日陽が当たりそうにないところにみごと霜柱をみつけた。昼近くだというのにいっこうに融ける気配はなかった。
ちょっと座り込んでゆっくり見ているととても面白い!!
柱のてっぺんに土をのせたまま立っている。なかには小石をのせている柱もある。
どんなプロセスでこんなものができたのだろう?
そう言えば、中谷宇吉郎が書いたものに「「霜柱の研究」について」というのがあるのを思いだした。
帰ってから読んでみた。
▼その中谷宇吉郎にとっても78年前の今日、大晦日は哀しい日だっただろう。
恩師・寺田寅彦の命日である。
●1935年(昭和10)  12.31 転移性骨腫瘍により病没。58歳

この命日に合わせて、特番オンライン「寅の日」を実施することを昨年の大晦日に決めた。
読むものも決めていた。最晩年に書いた『日本人の自然観』である。
◆第54回オンライン「寅の日」
『日本人の自然観』(青空文庫より)
▼亡くなる前三年間に
●1933年(昭和8)  56歳  『津浪と人間』
●1934年(昭和9)  57歳  『天災と国防』
●1935年(昭和10) 58歳  『日本人の自然観』
と書いている。
 先日から私は『寺田寅彦の生涯』(小林 惟司著 東京図書)を読んでいる。まだ途中だがこの本を読んでいると寺田寅彦も「生身」の人間であったことがよくわかる。特にこの最晩年3年間は寺田寅彦にとっては苦悩することも多かったようだ。そんななかでどうしても書いておきたいことがあって書いたのがこの3つの文章ではないだろうか。
とくに最後の『日本人の自然観』には、これまでに書いてきたこと、唱えてきたことすべてが集約して書かれているように思う。
 それはまず次のような「緒言」からはじまっていた。

われわれは通例便宜上自然と人間とを対立させ両方別々の存在のように考える。これが現代の科学的方法の長所であると同時に短所である。この両者は実は合して一つの有機体を構成しているのであって究極的には独立に切り離して考えることのできないものである。人類もあらゆる植物や動物と同様に長い長い歳月の間に自然のふところにはぐくまれてその環境に適応するように育て上げられて来たものであって、あらゆる環境の特異性はその中に育って来たものにたとえわずかでもなんらか固有の印銘を残しているであろうと思われる。

ここに寅彦の「自然観」の表明がある。
▼だからこそ「日本人の自然観」を語るには、「日本の自然」の特徴を知ることから始めなければならないと説く。
「第一に気候である」
そして
「気候の次に重要なものは土地の起伏水陸の交錯による地形的地理的要素である。」
とつづける。

  これを要するに日本の自然界は気候学的・地形学的・生物学的その他あらゆる方面から見ても時間的ならびに空間的にきわめて多様多彩な分化のあらゆる段階を具備し、そうした多彩の要素のスペクトラが、およそ考え得らるべき多種多様な結合をなしてわが邦土を色どっており、しかもその色彩は時々刻々に変化して自然の舞台を絶え間なく活動させているのである。

さらには
複雑な環境の変化に適応せんとする不断の意識的ないし無意識的努力はその環境に対する観察の精微と敏捷(びんしょう)を招致し養成するわけである。同時にまた自然の驚異の奥行きと神秘の深さに対する感覚を助長する結果にもなるはずである。自然の神秘とその威力を知ることが深ければ深いほど人間は自然に対して従順になり、自然に逆らう代わりに自然を師として学び、自然自身の太古以来の経験をわが物として自然の環境に適応するように務めるであろう。前にも述べたとおり大自然は慈母であると同時に厳父である。厳父の厳訓に服することは慈母の慈愛に甘えるのと同等にわれわれの生活の安寧を保証するために必要なことである。

と述べ「これから」に示唆的的なことを語っている。
これまでも「寅の日」の度に何度なく感じてきたこと、
寅彦はきわめて今日的である!!
流行り言葉風に言うなら「寅彦を読むのは、今でしょ!!」だ。
早朝から読んでいるが、まだ半分しか読んでいない。後半を読みながら年越しを迎えたいと思う。
大晦日は「紅白」「ゆく年くる年」にプラスしてオンライン「寅の日」の日にしたいな。
来年の大晦日は第85回はオンライン「寅の日」だ。
                               合掌  寅彦78回忌の 朝

|

« 【Web更新12/22】13-52 新・クラウド「整理学」試論 等 更新!! | トップページ | 新年の抱負 2014 !! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/58851924

この記事へのトラックバック一覧です: 本日(2013/12/31)、第54回オンライン「寅の日」!! #traday:

« 【Web更新12/22】13-52 新・クラウド「整理学」試論 等 更新!! | トップページ | 新年の抱負 2014 !! »