« 【授業】【天気の変化】を構想する!! | トップページ | Twitterはじめて1500日目に思うこと!! »

【授業】【天気の変化】を構想する!!(2)

Dscn9712
Dscn9731
Dscn9755

▼こんなの見逃していたら、人生大損だ!!
とつくづく思うのである。「それで…?」なんて言われると困ってしまうだけどやっぱり「ふしぎ!?」なんだ。
同じ空なのに刻々と表情を変えていく、色までかわっていくんだ。
なにも特別ものではないかもしれないけどやっぱり面白いんだ。
そんな「雲見」のすすめの意味も込めて「雲見」のうたをオリジナルにつくったことがあるんだ。

雲家族10のうた=「雲見」のうた 

ケンケン三兄弟に(巻雲 巻層雲 巻積雲)
コウコウ姉妹 (高層雲 高積雲)
ソウセキ(層積雲) はなれても りっぱに ソウ! セキ! (層雲 積雲)
雨 雨 ふれ ふれ ラン!ラン! (乱層雲 積乱雲) 
(2009.2 楠田 作)

▼本人はけっこう気に入っているんだが…。
授業のはじめに、生徒たちにもこの「雲見」をすすめた。
一日一分の「雲見」を!!と。
授業【天気の変化】の構想をつづけよう。
重なりや繰り返しもあるが、思いつくままに授業の「ねらい」をあげてみよう。
(1) 「きまり」を使って自分で天気予報できるようになろう!
  ・上がるとザアザア 下がるとカラカラ
  ・光は東から 天気は西から
  ・北半球では風は進行方向から右へずれる(コリオリの力)
  ・大気は下からあたためられる。 等々
(2) 「観天望気」に学び、自分で使える「きまり」をつくろう!
  ・天気コトワザに学ぼう
  ・「雲見」わしよう
  ・自分でコトワザつくって使ってみよう
(3) 天気情報をうまく利用して防災・減災につげよう!
▼ちょっとごたくならべすぎかな。
いちばん肝腎のことが後回しになったな。

(4) 「天気の科学」を楽しもう。

 未来予測する。それは「科学」の大きな役割であるし、大きな楽しみの部分でもある。
それを日々の暮らしと結びつけながら楽しむということになれば、「科学とは?」に応えるもっともすぐれた教材とも言えるかも知れない。
▼最後にもうひとつある。
ここまでは、これまでの授業でも考えてきたことであるがこの最後のひとつは今回の取り組みで強く意識したいと思っている。
(5) あらたな「天気予報」のスキルを身につけよう!

天気情報の入手方法にしてもずいぶん様変わりしてきた。かつての新聞・ラジオ・テレビだけではなくなってきている。むしろネットの利用しての方が一般的になってきているのかも知れない。
 また近年のゲリラ豪雨等にみられるような局所的な急激天気変化の現象もおこっている。
 ほんとうに必要な情報はネット利用の方が有効かも知れない。
 情報受信者であるばかりでなく情報発信者となる機会も出てくるだろう。
そのときの必要なスキルは?
最低限必要な「お天気知識」とは?

こんなこと考えながら授業をすすめようと思う。
さあ、今日はどんな「雲見」できるかな。

|

« 【授業】【天気の変化】を構想する!! | トップページ | Twitterはじめて1500日目に思うこと!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【授業】【天気の変化】を構想する!!(2):

« 【授業】【天気の変化】を構想する!! | トップページ | Twitterはじめて1500日目に思うこと!! »