« 【Web更新7/21】13-29 新・「自由研究」のすすめ試論 等 更新!! | トップページ | Twitterはじめて1401日目に思うこと!! »

本日(2013/07/23)、第40回オンライン「寅の日」!! #traday

Dsc_3042
Dsc_3054
Dsc_2837
Dsc_2898
Dsc_3375

▼貴奴(コガネグモ)に出会って14日目の昨日も、三度(7:00 11:00 18:00)貴奴を訪問した。
見るたびにいくつもの「発見」があった。その度に私の「コガネグモ物語」をつくろうとするが、いつも想像を超える事実に出会い物語の書き換えを余儀なくされるのである。
 朝の訪問では、またしても「狩り」をしていた。今回の「獲物」はまちがいなくコガネムシ(!?)だろう。
ほんとうに器用に手足を使い食卓を回転させる。ほんとうに体液を吸っているのだろうか?
それだけだろうか?ではその後はどうするのだろうか?
 貴奴はかなりの大食漢のようだ。この他にセンター(こしき)から離れたところに絡め捕った「獲物」を2つもストックしていた。それをよく見ていると「狩り」のとき様子、縦糸横糸の使い方が想像できそうだ。
夜中中狩りをしていたのだろうか。それとも早朝…
昼の訪問ではコガネグモだけでなく同じ屋根(巣)で暮らすクモたちについての「発見」もあった。
夕方の訪問では別の「獲物」を捕まえていた。夕立で「獲物」もビッショリと濡れていた。
ダメだ!!
 私の力量ではなかなかこの「物語」をうまく描けぬ。
▼こんなときはやっぱり寅彦だ。
ふと寅彦がこんなコガネグモを観察していたらどんな「コガネグモ物語」をつくっただろうと考えてしまった。
今日(2013/07/23)は、その寅彦を読む日である。
■第40回オンライン「寅の日」
●『線香花火』(「備忘録」青空文庫より)
▼やっぱりそうである。
「線香花火」ひとつを観察しても彼の手にかかればこうなる。

 

はじめ先端に点火されてただかすかにくすぶっている間の沈黙が、これを見守る人々の心をまさにきたるべき現象の期待によって緊張させるにちょうど適当な時間だけ継続する。次には火薬の燃焼がはじまって小さな炎が牡丹(ぼたん)の花弁のように放出され、その反動で全体は振り子のように揺動する。同時に灼熱(しゃくねつ)された熔融塊(ようゆうかい)の球がだんだんに生長して行く。炎がやんで次の火花のフェーズに移るまでの短い休止期(ポーズ)がまた名状し難い心持ちを与えるものである。火の球は、かすかな、ものの煮えたぎるような音を立てながら細かく震動している。それは今にもほとばしり出ようとする勢力(エネルギー)が内部に渦巻(うずま)いている事を感じさせる。突然火花の放出が始まる。目に止まらぬ速度で発射される微細な火弾が、目に見えぬ空中の何物かに衝突して砕けでもするように、無数の光の矢束となって放散する、その中の一片はまたさらに砕けて第二の松葉第三第四の松葉を展開する。この火花の時間的ならびに空間的の分布が、あれよりもっと疎であってもあるいは密であってもいけないであろう。実に適当な歩調と配置で、しかも充分な変化をもって火花の音楽が進行する。…

なんなのだ!!これは!!
もうたかが「線香花火」一本ではないのである。

実際この線香花火の一本の燃え方には、「序破急」があり「起承転結」があり、詩があり音楽がある。

とまで言い切ってしまうのである。
そして、それで終わらないのが科学者「寅彦」である。

 線香花火の灼熱(しゃくねつ)した球の中から火花が飛び出し、それがまた二段三段に破裂する、あの現象がいかなる作用によるものであるかという事は興味ある物理学上ならびに化学上の問題であって、もし詳しくこれを研究すればその結果は自然にこれらの科学の最も重要な基礎問題に触れて、その解釈はなんらかの有益な貢献となりうる見込みがかなりに多くあるだろうと考えられる。

と「線香花火の研究」を科学研究のテーマとして推奨するのである。
▼そして、最後には「自由研究テーマ」絡みで言うならきわめて示唆的なことを言っている。

西洋の学者の掘り散らした跡へはるばる遅ればせに鉱石の欠けらを捜しに行くもいいが、われわれの足元に埋もれている宝をも忘れてはならないと思う。しかしそれを掘り出すには人から笑われ狂人扱いにされる事を覚悟するだけの勇気が入用である。

「足元に埋もれている宝」とはなんだろう?
「足元」だから、そんなに遠くではないんだ。
ここに自由研究テーマ選びの大きなヒントがあるように思うのだがどうだろう?

私には、あのコガネグモが「足元に埋もれていた宝」に見えてきた。
今日も貴奴のところを訪問してみようと思う。

|

« 【Web更新7/21】13-29 新・「自由研究」のすすめ試論 等 更新!! | トップページ | Twitterはじめて1401日目に思うこと!! »

コメント

いやぁ、楠田先生、
さすがに寺田寅彦は、すごいですね。
線香花火一つで、これだけ描写できるんですね。
恐れ入りました。

投稿: 鈴木勝浩 | 2013/07/23 21:15

鈴木勝浩さん
おはようございます。
ほんと寅彦はすごいですよね。なんど読んでも、なにを読んでも寅彦には感服してしまいますよね。
少しずつでも寅彦に学んでいきたいと思っています。
これからもオンライン「寅の日」をよろしくお願いします。

投稿: 楠田 純一 | 2013/07/24 05:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/57846931

この記事へのトラックバック一覧です: 本日(2013/07/23)、第40回オンライン「寅の日」!! #traday:

« 【Web更新7/21】13-29 新・「自由研究」のすすめ試論 等 更新!! | トップページ | Twitterはじめて1401日目に思うこと!! »