« 【授業】見えないものが見えはじめるとき…!! | トップページ | 【授業】「質量保存の法則」はアタリマエ!? »

【授業】化学変化が起これば熱の出入りがあるんダ!?

Dscn6248

▼賢治の「雲見」!!
寅彦の「宇宙見物」!!
このふたつの「空見」を見逃したら人生の半分の楽しみを逃すことになる。
だって空は半分の180度の世界を占めているのだから…。

昨日の「雲見」はすっかり真夏だった!!
定点観測地からの「雲見」、方角を変えて見た。
雲は、刻々と姿かたちを変えていった。その変化を見ているいつまでも飽きなかった。
雲は見えない大気の動きを可視化してくれていた。
▼見えない「化学変化」を体感できる有力な方法があった。
それが熱の出入りだ!!
化学変化が起これば必ず熱の出入りがあるのだ!!
逆も言える
熱の出入りがあればそれは化学変化が起こっている証拠だ!!
これはもっとも大切されるべき化学変化のルールだ。
それも使えるルールだ。
可視化できない化学変化も、このルールを使えば見えてくるのだ。
▼熱の出入りのうち発熱の方は比較的納得しやすい。
くらしのなかにもあった。
「化学カイロ」はその典型でもあった。
この「化学カイロ」がブームになり出した頃の新聞記事(30年前のもの)があった。
今はなんの珍しさもないものだ。今ではどれほどの量が出回っているのだろう。
しかし、あらためて理科室で実験してみれば驚くのである。
「なんで熱くなるや!?」
「ほんまや熱がでてきた!!」
「どんどん温度あがってきたぜ」
と。
▼問題は「吸熱」だ!!
「熱が入ってくる、だから温度がさがる???」
「…」
「まわりから熱を奪って入ってくる。だからまわりが…」

「熱が吸収されるんやったら温度あがるんとちがうん???」

一見ナルホドの「ふしぎ!?」だ。
誤解しやすい「ふしぎ!?」だ。
しかし奥が深い「ふしぎ!?」だ!!
化学変化の本質に迫るものがある。
「熱エルギー」
「温度」
「化学エネルギー」「エネルギー」 …???????

 

|

« 【授業】見えないものが見えはじめるとき…!! | トップページ | 【授業】「質量保存の法則」はアタリマエ!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【授業】化学変化が起これば熱の出入りがあるんダ!?:

« 【授業】見えないものが見えはじめるとき…!! | トップページ | 【授業】「質量保存の法則」はアタリマエ!? »