« 【Web更新6/23】13-25【大賀ハス観察日記】等 更新!! | トップページ | 大賀ハス観察池には虫たちが集っていた!! »

第2・第3大賀ハスは同時に開花が始まった!!

Dsc_3826
Dsc_3851
Dsc_3888
Dsc_3978
Dsc_4040
Dsc_4256
Dsc_4127

▼今年一番目大賀ハスの「あこがれの4日間」が終わったと思ったら、次の第2・第3の大賀ハスの4日間が昨日始まった。今年の大賀ハスの花蕾は現在のところ観察池に6つ(すでにアブラムシの襲撃で2つは蕾のまま枯れてしまった。)水だけの栽培の方に3つである。
 開花が期待できそうなのは7つだ。第1は終わった。
▼第2、第3の開花がはじまった昨日は幸い雨ではなかった。
第一日目の様子を観察しながら、今年の大賀ハス観察でやりたいことを考えてみた。
今のところ3つばかりあった。
(1) 「あこがれの4日間」の「ふしぎ!?」を追う。
・同じ開花する4日間と言えども、一日ごとに意味が違うような気がする。その一日ごとの意味を考えてみる。
・なぜ「4日間」なのか?「幼・静・壮・老」ステージの意味は?
(2) 開花のからくり・機構を追求する。
・仮説「ゼンマイ仕掛けの目覚まし時計」説は正しいか。
・その具体的な物理的、化学的変化を追求する。
・観察だけでどこまで追求できるか。
・研究者の知見を聞く。
(3)観察池に出現する虫たち(生きもの)のツナガリを追求する。
・今年はアブラムシ・テントウムシの出現で大いにこのことに興味がわいてきた。
・いのちのツナガリ!これが最大のねらいになるかも知れない。
▼とは言っても浅学でものを知らない私のことだ、いつもの「無手勝流」しか手はない。
具体的にやることも考えてみた。どこまでやれるかは別にして…。
(1) ともかく変化する様子を写真で記録化する。
・デジカメで写真をとると時間も一緒に記録できるのはありがたい。
・いったん記録化しておけば、あとで「発見」もありうる。
・この観察では「時間」は鍵になる。
(2) 四日目に散った花びら、雄しべを回収する。
・雄しべは黒画用紙にはりつけ標本にする。
・花びらはパックに入れ冷凍保存をする。
これまではそうしてきた。今年これはするかどうか検討中!!
冷凍庫はこれまでのものでいっぱいだ。(^^ゞポリポリ
(3) 種子回収まで観察をつづける。
・ここで回収した種子の発芽率はいまのところ100%だ。
(4) 開花期だけでなく年間通して定例観察をつづける。
そんなところだ。
▼ではさっそく第2、第3の初日の報告を。
・大賀ハスは早起きだ。小さな口をあけはじめた。音はしない!!(5:13)
・口は見る間に大きくなっていく(5:31)
・一斉に花びらは開くように見えるが微妙に時間のズレが(6:15)
・初日の花はここまで開く(8:27)
・幸いなことに晴れていた!!虫はみかけなかった。(10:11)
・お昼にはほぼ閉じていた。「閉じるときも順番が…」それが観察からの私の仮説(12:24)
・開花にはいろんな蜘蛛も現れる。虫たちが寄ってくることをよく知っているんですかね。

二日目がすでに始まっている。
曇ってはいるが、雨はふっていない!!
きっと蜂たちが集まってくるこの日、なんとかこのまま…。


|

« 【Web更新6/23】13-25【大賀ハス観察日記】等 更新!! | トップページ | 大賀ハス観察池には虫たちが集っていた!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第2・第3大賀ハスは同時に開花が始まった!!:

« 【Web更新6/23】13-25【大賀ハス観察日記】等 更新!! | トップページ | 大賀ハス観察池には虫たちが集っていた!! »