« 本日(2013/05/12)、第34回オンライン「寅の日」!! #traday | トップページ | 【お薦め本】『認識の三段階連関理論(増補版)』(庄司和晃著 季節社) »

【Web更新5/12】13-19「サイエンスコミュニケーター宣言」更新!!

Dscn5314

せめてもと 庭石菖を 手向けけり 13/05/12 (日)撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】13-19
週末定例更新
 最近、つくづくと思うのだ。自分は何においても「シロウトであるな!」と。
これは消極的な意味だけではない。いや、寧ろ積極的な意味あいをもたせてそう思うのである。
今さら、その道の「プロ」めざしたりすることは私の知力・能力からして不可能である。ならばここは居直ってしまい「シロウト学」を極めてみようと思う。シロウトにしか見えないものがあるはず。
かじりはじめたものにしか見えない世界、それを楽しむことに徹しよう!!
 俳句、民俗学、パソコン、写真、「宇宙見物」、「雲見」、樹木学、…

◆表紙画像集2013 人里の自然シリーズ 庭石菖
 雨あがり、門先の草むしりをしながら妻が言った。
「この花は何と言うの?」
「…?(゚_。)?(。_゚)?」
「理科の先生やったら、この花は○○で、あれは…と言えたらカッコイイのに」
「…(^^ゞポリポリ」
 植物の名前でもやっぱりシロウトのようだ!
でも図鑑、ネットで調べはじめて知る喜びがある。ネーミングのみごとさに感動もできる。
あらためて牧野富太郎の偉大さにふれることができる。シロウト故のありがたさだ。
 この花の名前を知ったのもわりかし最近である。なんとも愛おしい小さな花だ。
前の畦道がにわかに「お花畑」に変身するのが好きだった。
 工事でもうそれは見られなくなったと思っていたら、そんなことなかった。
新しい土手にもこの花があった。
 折しも昨日は母の日、せめてもと写真に撮ることによって手向けた。

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 【理科の部屋】20年史年表づくりにはまっている。
作業そのものが面白い、時系列にたてよこのつながりを見ていく。
そうすることによって見えてくる「発見」もある。その「発見」はかならずや「これから」にツナガルだろうと楽しみもふくらむ。
 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

◆【授業】「化学変化」 更新!!
 いよいよ定番実験をつづける。
いかに定番実験と言えども生徒にとっては「はじめて」だ。
何故定番になったのか?その魅力は? シロウト目線を忘れずすすめたい。

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 「好きなもの イチゴ 珈琲 花 美人 懐手して宇宙見物」
なんとも洒落たことをいう人だ。
 寅彦研究の「プロ」にはなろうとは思わない。
シロウトが寅彦を楽しむにはどうすればよいか。
その答えがオンライン「寅の日」だ。
オフライン「寅の日」の展開も考えていきたいものだ。 


|

« 本日(2013/05/12)、第34回オンライン「寅の日」!! #traday | トップページ | 【お薦め本】『認識の三段階連関理論(増補版)』(庄司和晃著 季節社) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/57372797

この記事へのトラックバック一覧です: 【Web更新5/12】13-19「サイエンスコミュニケーター宣言」更新!!:

« 本日(2013/05/12)、第34回オンライン「寅の日」!! #traday | トップページ | 【お薦め本】『認識の三段階連関理論(増補版)』(庄司和晃著 季節社) »