« 本日(2013/04/30)、第33回オンライン「寅の日」!! #traday | トップページ | 【授業】『ねぇ君、不思議だと思いませんか?』 »

【授業】水の電気分解、その「ふしぎ!?」を!!

Dsc_0883
▼雨があがって、前庭を見るとあのボタンが巨大な花を咲かせていた。ずっと観察していたつもりだった。昨日はこんな巨大ではなかった撮った写真で確かめるまでもない。まだ「記憶」の範囲だ。
 たった一日のあいだにここまで巨大化するとは、にわかに信じられなかった。ボタンの内部で何が起こったのだろう。これもやはり物質とエネルギーの複雑な「化学変化」のたまものだろだろうか。
やっぱり「ふしぎ!?」だ!!
そう思うとなお一層、美しい!!
▼授業では物質探検が進む。「火ぜめ」でダメなら「電気ぜめ」だ!!
電気分解に入って行く
最初の物質は、これまた定番中の定番!!
「水」である。
誰もが体験したことのある「水の電気分解」である。
▼ここでもやっぱり最初に化学式で<予想>してみる。
H2O → H2 ; O2
ごくアタリマエにでてくる。
そしたら急に逆にアタリマエにしたくない気分になった!!
「あの水から、気体の水素や酸素が発生する」こんなことアタリマエにするには「ふしぎ!?」すぎる事実だ。
この「ふしぎ!?」はどこまでも保留しておきたい。
この「ふしぎ!?」を置き去りにしないでほしい。
と思った。
▼水の電気分解の実験だって、そうそう昔から人類が体験してきた実験ではないのだ。
ボルタが電池を発明して以降の話だから、
つい最近、たった200年ほど前からおこなわれている実験なんだ。
そう思うと「水の電気分解」という定番実験もけっしてアタリマエ実験でなく
超一級「ふしぎ!?」実験なんだ。
「ふしぎ!?」を感じながら体験してほしいものだ。


|

« 本日(2013/04/30)、第33回オンライン「寅の日」!! #traday | トップページ | 【授業】『ねぇ君、不思議だと思いませんか?』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【授業】水の電気分解、その「ふしぎ!?」を!!:

« 本日(2013/04/30)、第33回オンライン「寅の日」!! #traday | トップページ | 【授業】『ねぇ君、不思議だと思いませんか?』 »