« 2013年4月のオンライン「寅の日」は #traday | トップページ | 新・クラウド「整理学」試論(38) »

真壁仁「峠」の季節だ!!

Dsc_0110

▼春分の日。朝から曇っていた、定点観察地のヒガンバナを観察した。少しの遅い早いはあるがきっちりと秋のお彼岸には紅白のヒガンバナが咲く、その地点では春のお彼岸には葉が枯れる季節に入っている。シロバナヒガンバナの方が枯れが進んでいるように見える。毎年毎年同じように繰り返していることだ。忘れたりはしないのだ。
 自然とはなんとも律儀なものであることか!!
▼お昼過ぎに雨が降り出し、寺田寅彦記念館友の会誌「槲(かしわ)」と総会の案内が届いた。
「寺田寅彦記念館友の会公式ホームページ」立ち上げの経緯が出ていた。読ませてもらううちに作成者の「思い」のようなものが伝わってきてうれしくなってきた。
 昨年の夏、高知に「寅彦」を訪ねたときにも大いに利用させてもらったページある。
ますます充実していくことを願いたい。高知にまた行きたくなってしまった。
記念館の庭のシロバナヒガンバナも枯れていっているのだろうか。
▼19日には今年度最後の授業を終えた。
昨日は、途中になっていた過去の袋ファイルや道具類の整理を再開した。
過去何十年と繰り返している作業だ。
何度、繰り返してもやっぱり私は「整理ベタ」である。
でもこんなときの考え方にちょっとした変化が起こっているのに気づいた。
「そんなもの置いておいて、いつ使うんだ?」ともうひとり私が問いかけてくるようになったのだ。
私も「そりゃそうだ!!」と同意をせざるのを得ないのだ。
▼こんな季節はやっぱり真壁仁の「峠」だ!!
今年は少しながく引用させてもらおう。

風景はそこで綴じあっているが
ひとつをうしなうことなしに
別個の風景にはいってゆけない。
大きな喪失にたえてのみ
あたらしい世界がひらける。
峠にたつとき
すぎ来しみちはなつかしく
ひらけくるみちはたのしい。
みちはこたえない。
みちはかぎりなくさそうばかりだ。

今日も作業の手をとめたときはもう一度読んでみよう。

|

« 2013年4月のオンライン「寅の日」は #traday | トップページ | 新・クラウド「整理学」試論(38) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真壁仁「峠」の季節だ!!:

« 2013年4月のオンライン「寅の日」は #traday | トップページ | 新・クラウド「整理学」試論(38) »