« 【お薦め本】『地質学の自然観』(木村 学著 東京大学出版会) | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(223) »

サイエンスコミュニケーター宣言(222)

Dsc_0951

▼2月に入って2日目だ。明日が節分で明後日が立春!!なんてはやく日が過ぎていくんだ。地球はいつも同じスピードで回転していることを疑いたくなってくる。このごろ少しスピードアップしているのではないんだろうな!?
 前の竹藪の椿、蕾が少し色づいて見えるのは同じ錯覚によるものだろうか。
▼「私の理科教育史」も少しスピードアップの必要があるのかも知れない。
でも やっぱり ゆっくり 急ぐ!! それが私流!!

【「地下茎」第29号 1984.9.25】

この年の夏休みは少しスピードアップをしていたようだ。
 科教協から帰っても「合宿研修」「教育実践交流会」等々動き回っていたようだ。
▼[事務局だより]にはこう書いていた。

「最近つくづくと思うのですが、ボクたち「凡人」の学習方法は動くことですね。うごけば「おっこれは…」というネタにもぶつかりますよね。今は忙しいのでなんて自分に言い訳していては、なんにも見えてきませんよね。うんと…」

▼事実、面白いネタにぶつかったようだ。
この号の[闇市開業]はサイフォンの原理を利用した玩具だった。
今、見てもなかなか面白いものだ。もう手に入れることできなくなってしまったのが残念だ。
●地下茎第29号P10 [闇市開業] サイフォンの玩具「ふきあげ」 

出会ったのは、今や全国的いや世界的にも有名になった
◆日本玩具博物館
だ。
 玩具博物館としては日本を代表するような存在になっている。
 それだけでない、私たちにとっては「教材の宝庫」であり続けている。
こう書いていて久しぶり行ってみたくなってきた。

|

« 【お薦め本】『地質学の自然観』(木村 学著 東京大学出版会) | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(223) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイエンスコミュニケーター宣言(222):

« 【お薦め本】『地質学の自然観』(木村 学著 東京大学出版会) | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(223) »