« 2013年2月のオンライン「寅の日」は #traday | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(214) »

【Web更新1/20】13-03「サイエンスコミュニケーター宣言」 更新!!

Dsc_0889

寒晴の 赤き実のなお 眩しけり 13/01/19 (土)撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】13-03
週末定例更新のお知らせ。
 今年3回目の更新である。誕生日を迎えて年齢が変わって最初の更新でもある。更新作業をしながらふっと「なんでこんなことやっているのだろう?」と思ったときに思い出したのが「ファラデーの日記」だった。
ファラデーは科学史でも例のないぐらいの膨大な研究記録を残した。42年間にもわたる日記である。
興味深いのは研究記録の各パラグラフに通し番号をつけて、後ほど「検索」しやすいようにしておき、自分で利用したらしい。これだと思った!!
 そんな大科学者の足元にもよれないが、この発想はいただける。
今はたいしたことでなくても「記録」を残し、更新しておけば、各パラグラフに通し番号をつけることなくいつでもひっぱり出せるのである。この「記録」の最初の利用者は未来の私なんだ。
 道楽としてはなかなか面白い作業に思えてきた。

◆表紙画像集2013 更新 人里の自然シリーズ ナンテン
 寒晴の日、私は縁側でその陽にあたりながら、冷たい水で「岩石洗い」をしていた。あまり冷たい水が苦にならないのが不思議だ。寒晴の陽は意外とあたたかい、しかしその時間は短い。門先ま出てみるとナンテンの赤い実が妙に眩しかった。
やっぱり太陽とはありがたいものだ。

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 「地下茎」を読み返しながら「私の理科教育史」を追いかけている。
驚くのは自分の頭が30年前と同じ思考回路であるということだ。
同じように考え、同じように「失敗」を繰り返していることだ。
少しへこむ。
 でもやっぱり続けよう。とりあえず最後まで… ゆっくり 急ごう!!

◆オンライン「寅の日」 更新
 もうすぐこれをはじめて一年になる。
寅彦の文章をこんなにちゃんと読んだことなかった。
読めば読むほど面白い!! そう思えるあいだずっと続けたい。

|

« 2013年2月のオンライン「寅の日」は #traday | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(214) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/56589932

この記事へのトラックバック一覧です: 【Web更新1/20】13-03「サイエンスコミュニケーター宣言」 更新!!:

« 2013年2月のオンライン「寅の日」は #traday | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(214) »