« サイエンスコミュニケーター宣言(188) | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(189) »

【Web更新12/02】12-49「サイエンスコミュニケーター宣言」 更新!

Dsc_0667

金柑や 口にふくみて 日うらなう 12/12/01 (土)撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】12-49
週末定例更新のお知らせ
 久しぶり動かない週末であった。師走の風は冷たくどこか慌ただしい、そんなときこそ「忙しさ」で心を亡ぼすことないようにしたいものだ。ゆっくり ゆっくり 急ごう!!それが私のスタイル。

◆表紙画像集2012 更新 人里の植物シリーズ 金柑
 ここのところちよっと朝の散歩をサボり気味だ。これはいかん!と思うがどこかで言い訳をつくって…
出かけたときは必ずやることがある。それは庭の金柑をひとつぶ口に入れるのである。
冷たく甘酸っぱい。その味は日ごとに微妙にちがう気がする。それはその一粒の熟し具合によってだろうが、あながちそればかりでなく、その日の私のレセプターの違いによるものかも知れない。
 この金柑を詠みたいと「歳時記」をみていたら、なんと金柑は秋の季語であるという。寅彦は「歳時記は日本人の感覚のインデックス(索引)である」と言ったそうだ。でも、私のなかの「歳時記」では、今なんだけどな。
寅彦よ!「それでもいいよ!!」と言ってくれ。

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新
 先週は【お薦め本】『科学の限界』(池内了著 ちくま新書 2012.11.10)をばかりをblogに書いていた。
それをこのWebページに貼りつけた。いっけんちがうかも知れないが、私の文脈の中では「等身大の科学」「私の科学」も「私の理科教育史」もツナガッテイル!!
 これも寅彦だったらわかってくれるかな。

 今朝起きてから月を撮った。昨夜が雨だったこともあるが、そろそろ早朝撮影に切り替えようと思ってのことだ。
全月齢撮影への道はまだまだ遠いようだ。どうすれば明るすぎず、暗すぎずに撮れるのか?

 Dsc_0778


|

« サイエンスコミュニケーター宣言(188) | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(189) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/56241594

この記事へのトラックバック一覧です: 【Web更新12/02】12-49「サイエンスコミュニケーター宣言」 更新!:

« サイエンスコミュニケーター宣言(188) | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(189) »