« 【Web更新11/04】12-45「サイエンスコミュニケーター宣言」 更新! | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(178) #sciagora12 »

サイエンスコミュニケーター宣言(177) #sciagora12

Dscn0145

▼昨日は雨が降ったりやんだりの繰り返しだった。玄関先の屋外に置いたヒガンバナのバケツの水もいっぱいになっていた。子房部つき花茎を2種類つけていた。その一方の方はナイロン袋をかぶせたままだった。10/8(月)にスポット巡りのときに採集したそのままだったんだ。花茎は枯れてしまったのに子房部は緑のままだ。いったいいつまでこの緑は保たれるのだろう。このふくらみのなかみはどうなっているいるのだろう?
 あまり気になったもので、そのひとつをカッターナイフで表皮をはいで見た!!
これは何だ!?白い珠が2個並んでいる。これぞ種子の赤ちゃんだろうか。
これが熟してあの黒い種子になるのだろうか。種子のできないはずのヒガンバナが…。
私の「ふしぎ!?」はつづくのだ。
Banner_234x60まであと4日となった。
 少し、頭の中が混沌としてきた。ポンコツ頭を整理しよう!!
もういちどいちばん根っこのところから繰り返そう。
サイエンスコミュニケーターとして課題は5つだった。
(1) 道楽的「科学」・道楽的「理科」の追求!
(2) サイエンスイベント・ムーブメントに参画する。
(3) 中学校「理科」カリキュラム全課程実践的検討!!
(4) あらたな理科教育コミュニティの構築!
(5) 日本理科教育史を現在進行形のかたちでまとめる。
これらの「現在地」の確認。それが第1の作業課題だった。
▼次にふたつのコトバ

・「科学の本質はコミュニケーションである。」(ウィリアム・D・ガーベイ)

・「コミュニケーションの本質は、「変化」だと思う。異なるものが出会って、「変わる」こと。(フランシス・クリック)

にヒントを得た
「科学は交叉するところに生まれる!!」という作業仮説の検証だ。
▼言いかえれば、アゴラ(広場)に集う多様なる「私の科学」に出会いに行くのだ。
多様なる「私の科学」と「私の科学」が交叉するところを目撃に行くのである。
では、その「私の科学」とは…。

ゆっくり 急ごう!!
<つづく>


|

« 【Web更新11/04】12-45「サイエンスコミュニケーター宣言」 更新! | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(178) #sciagora12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイエンスコミュニケーター宣言(177) #sciagora12:

« 【Web更新11/04】12-45「サイエンスコミュニケーター宣言」 更新! | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(178) #sciagora12 »