« 『生命と地球の歴史』を読みながら… | トップページ | 【Web更新10/14】12-42 【ヒガンバナ情報2012】更新! #higanbana »

サイエンスコミュニケーター宣言(165)

Dsc_0884

▼昨日は大賀ハスの蓮根を植え替えてから28週目であった。観察池の葉は緑を残すものの割合は半分以下になっている。枯れて風に吹き飛ばされるものも多く出てきている。そんななか別の容器で育てた第12大賀ハスの花托が風にも佇立していた。第12大賀ハスには特別の意味があった。蓮根の植え替えをしたとき「残りもの」を別の容器に突っ込んだのだ。それ以降水だけで育てはじめて開花した大賀ハスなんだ。だから私にとって「水栽培」第1号ということになるのだ。役割を終えてもなおかつ佇立する花托をみていると「可能性!」ということ勇気をもらえるのだ。
▼このごろふっと自問することがある。
「私は今どこにいるのだろう?」
「私は今何をしているのだろう?」と。
私は昨年の春定年退職して「サイエンスコミュニケーター」をなのるようになった。
そして「サイエンスコミュニケーター宣言」を書き始めた。
▼そしてその仮の結論として、5つの課題を設定した。
(1) 道楽的「科学」・道楽的「理科」の追求!
(2) サイエンスイベント・ムーブメントに参画する。
(3) 中学校「理科」カリキュラム全課程実践的検討!!
(4) あらたな理科教育コミュニティの構築!
(5) 日本理科教育史を現在進行形のかたちでまとめる。
これは「ねばならない」という枷ではない。
あくまで自分の「現在地」を確認するための目安である。漠然と「どこにいるのだろう?」と自問するよりもなんらかの目安になるもがあればという意味で設定した。
ではこの目安に照らし合わせて再度…。
▼私はこの16日に【理科の部屋】の友人(と言ってしまうのは少しおこがましいが)萩谷宏さんと出会う。
【理科の部屋】ができた当初からであるからずいぶんと長いあいだのおつきあいである。ずいぶんと多くのこと学ばせてもらってきた。しかしオフラインでお出会いするのは十数年ぶりである。世界をまたにかけて岩石・地質・地球の「ふしぎ!?」を追いかけ活躍する人だけになかなかお出会いする機会がなかったのだ。
 お会いして彼の「現在地」を聞かせていただくのすごく楽しみにしている。
少しだけ私の「現在地」をお話できるようにしておきたいな。
いやお話しているあいだにそれが見えてくるかも知れないな。その方がいいのかも知れない。
あくまで等身大に。

やっぱり
「情報は交差するところに生まれる」
でいこう!!

|

« 『生命と地球の歴史』を読みながら… | トップページ | 【Web更新10/14】12-42 【ヒガンバナ情報2012】更新! #higanbana »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイエンスコミュニケーター宣言(165):

« 『生命と地球の歴史』を読みながら… | トップページ | 【Web更新10/14】12-42 【ヒガンバナ情報2012】更新! #higanbana »