« 新・「自由研究」のすすめ試論(44) | トップページ | トンボ撮りの日々!! »

新・「自由研究」のすすめ試論(45)

Dsc_0959h91

▼「早朝5時55分」これが大賀ハスの目覚まし時計にセットされた時間のようだ。
今年になって四つ目の大賀ハスが「あこがれの4日間」をむかえた。第一日目の開花がはじまる時間はきまっているのではと思いだしたのは、途中からであった。第7と第8がほぼ同じ時刻だった。そして、この第9も数分と違わず同じだ。この目覚まし時計はどこにセットされているのだろう?
 去年の4つの花もおなじだったのだろうか?
▼「ふしぎ!?」はどんどんふくらみ面白くなっていく。
そんなとき、研究の方法としてとても大事なことにきづく。今さらのことばかりであるがあげておく。
(1) 「記録」化
 研究にとってはいのちである。データを記録する。
メモを残して置く。デジカメなら自動記録してくれることも多々ある。先の大賀ハスの目覚め時刻についてであれば、デジカメで写真を撮りまくっているはずだから、自動的にその時刻も「記録」されているはずである。

(2) 「仮説」化
 また、研究をすすめるにあたっては、必ずその段階ごとに「仮説」をもってすすめることだ。
観察・実験はあくまでその「仮説」を検証するためにするのである。
どんなに幼稚で拙いものであっても、それはかならず「ふしぎ!?」を深化させることになるはず。
・5時55分にセットされた目覚まし時計
・目覚まし時計はどこに
・個体によってちがいがあるのか
・生物と時計(時間)の問題はどこまでわかっているのか。
▼「ふしぎ!?」を持続的に追いかけていくためには次のようなことも大切。
(3) 可視化
 「ふしぎ!?」を常に目に見える「かたち」にしておく。
自分が見えるだけでなく、他人が見てもわかる「かたち」にしておく。
明日の私は、他人なのだから。

(4) 共有化
 可視化は自然と「共有化」への道をひらいてくれる。
そして、ひとりの「ふしぎ!?」をふくらませ豊かにしてくれる。
これまでバラバラの「ふしぎ!?」をつなぐことになるかも知れない。
▼この「自由研究」のすすめ試論を書き始めてからでももう4年が経った。
この4年間のあいだにも急速度で変化していることがある。
クラウド時代は近未来ではなくもう始まっている。
クラウド時代の「自由研究」のすすめ方をみんなで考えていきたいものだ。

第9大賀ハスもまた雨にたたられたようだ。
開花二日目の今日も暴風雨のなかだ。

|

« 新・「自由研究」のすすめ試論(44) | トップページ | トンボ撮りの日々!! »

コメント

おはようございます。大賀蓮開花5時55分説は面白いですね。我が家の美浜大賀蓮は今朝開花しましたので、5時55分に咲くか見てみました。ちょうど中尊寺蓮も開花しましたので、両方比較しながらの観察でした。5時過ぎには、中尊寺蓮はすでに開花していました。そのときは大賀蓮はまだ閉じたままでした。5時47分頃に見に行きますと大賀蓮がわずかに口を開けていました。御坊は福崎より10分ほど早く開くようです。もしかしたら日の出の時間差を反映しているのではと思い、経度差から時間差計算してみますとたった1.5分の違いしかありません。実際に海上保安庁の日の出時刻を調べますと、1分差です。はてさてこの開花の時間差は何によるものでしょう・・・福崎大賀蓮と美浜大賀蓮は若干の世代差はありますが遺伝的にはそう大きな違いはありません。

投稿: sakamoto | 2012/07/16 09:55

阪本さん
コメントありがとうございます。
拙い私の説に耳を傾けていただきありがとうございます。
阪本さんにそう言っていただくとにわかに信憑性が高まりますね。
 第7~第9までが5時55分だったのですが、第10は5時40分ごろだったので、どう考えたらいいのだろうと思っていました。元々ふたつの蓮根を植え替えのでそのちがいであろうかと考えたり、ある程度目覚まし時計のセット時間に幅があるのだろうか。天候の関係で少しズレができたりするのかいろいろ考えていました。
 さすがですね、日の出時刻に目をつけるとは…。
もう少しサンプル数が増えてくると面白いことが見えてくるかも知れないですね。
・開花第一日目の開花時刻
・雄しべの数
等を「大賀ハスネットワーク」をつくって報告するというのも面白いかも知れないですね。
第10大賀ハスも、今日の9時30分には散ってしまいました。今のところもう花芽は立ってきていないです。
では、また・・・

投稿: 楠田 純一 | 2012/07/16 14:13

前にも書いたかも知れませんがハスの花の開花は面白いテーマだと思います。これについての大賀論文がありますので、いずれ復刻しようと思っています。例の開花音とも大きな関係があります。
今回花の開口長を測って開花のピークをみてみましたが、大賀蓮でだいたい8時頃、中尊寺蓮で8時半頃でした。これは開花時期を通してあまり変わらないように思えます。もう一度大賀論文を読んで、その要因を探ってみたいものです。

投稿: sakamoto | 2012/07/16 16:46

阪本さん
コメントありがとうございます。
はい、ぜひ大賀先生の論文の復刻をお願いします。
開口長のピークは8時頃というのは納得行く時間ですね。
その時間帯に「におい」もいちばん強くなるのでしょうか。明後日19日が、大賀ハスのはじめて咲いた記念日ですね。あの写真の日付がそうなっていますので…。
それから60年ですか。
 60年間にはいくらぐらいの花がさいたでしょうね。

投稿: 楠田 純一 | 2012/07/17 05:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/55176311

この記事へのトラックバック一覧です: 新・「自由研究」のすすめ試論(45):

« 新・「自由研究」のすすめ試論(44) | トップページ | トンボ撮りの日々!! »