« 原子論的物質観はこれからも有効か? #traday | トップページ | 【Web更新6/10】12-24オンライン「寅の日」更新 #traday »

本日、第6回オンライン「寅の日」!! #traday

Dsc_0148

▼大賀ハス観察池のハスは蓮根の植え替えからちょうど10週目であった。思いのほかはやく9週目を前に花芽をのばしてきた蕾はますます膨らんできた。「あこがれの4日間」の前触れであるひとつの花びらの「たが」が外れたようになるのはまだである。花芽が立ち始めてからはじめて少しだけ追い肥を与えてみた。そのこともあってだろうか、まわりの立ち葉もたくましく成長してきた、製造工場の増設は蕾にふくらみを与えているようである。一方の第二世代の鉢に引っ越しした大賀ハスも三つとも浮き葉の数をふやし成長つづけている。今回は引っ越しに成功したようだ。日々目を見張る成長をつづける大賀ハスをながめながら、あらためて「生命」と「物質」の「ふしぎ!?」に思いを馳せるのである。
▼そんななか、本日は第6回のオンライン「寅の日」である。
◆「ルクレチウスと科学」(青空文庫より)
 予習で寅彦のルクレチウスへの誘いを読んできた。いよいよルクレチウスの本文に入る。
机上に用意した本文はふたつある。
ひとつは
◆『宇宙をつくるものアトム』(ルクレチウス著 国分一太郎編 少年少女科学名著全集 国土社 1965.3.25)
もうひとつは
◆『物の本質について』(ルクレーティウス著 樋口勝彦訳 岩波文庫 1961.8.25)
である。
 私には、あの国分一太郎の文章の方がなじみやすい。これまでにも何回か部分部分を読んできた。
寅彦のお薦めを読んでみてあらためて読み始めてみると、またそのすごさに圧倒されるのである。
なんでこんなことが2000年以上も前に書かれたのだ!!
第一巻の要所を前著から引用させてもらうとこうなる。

ものはどこからでてきたのか。 ものはなにからできているか。  これをハッキリさせて、 精神のおそれとくらやみを なくすためには、 自然のすがたを、 しっかりと見なければならない。 自然の理法を、 ふかくさぐらなければならい。

まず第一に、
「無からはなにも生まれない」
これを知る必要がある。
たとい神々の力に力によっても、
なにもないところからは、
ものはでてこないことを、
わたしくしたちは知らねばならぬ。
(『宇宙をつくるものアトム』(ルクレチウス著 国分一太郎編 少年少女科学名著全集 国土社 P25) 

さらにまとめの部分ではこうだ。

わたくしたちのみる自然は、 ふたつのものからできている。 ひとつはアトム。 ひとつは空虚。 アトムは空虚のなかに存在し、 そこでさまざまに運動する。

アトムがあることは、
人々だれにでもある感覚が、
これをはっきりさせている。
だから、わたくしたちは、
感覚をうんとだいじにしなければならぬ。
理性で考えることを、
感覚によって、
しっかりとたしかめなければならない。

この世界には、
アトムと
空虚。
それ以外の第三者はないのである。
(上記同書P54より)

これは紛れもなく「はじめに原子ありき」の宣言なのである。
さらには、こんなおまけまでついている。

それでは、さいごに、 「時間」とは、なんだろう。 時間は、それ自身としては、 存在しないのだ。 ものがはじめはどうだったか? ものはいまはどうなっているか? ものはこれからのちどうなるのか? これらについて、わたくしたちに、 知覚が生まれるとき、 わたくしたちは、 「時間」を感じるのだ。 つまり、 ものの運動と静止に目をつけなければ、 「時間」そのものというものを、 わたくしたちは感ずることができないのだ。 (上記同書 p57より )

なんと奥が深いのか。感嘆するばかりである。
▼もういちど寅彦のガイドラインにもどって読み直し見た。
さすが寅彦である。きっちり読み込んでいる。そして、2000年以上の時空を超えて現在と結びつけているのである。

そしてここに述べられたアルファベットが寄り集まっていろいろな語を作るように、若干の異種の原子がいろいろに結合していろいろのものを作るという彼の考えはほとんど現在の考え方と同様である。のみならずおもしろい事には現在われわれは原子の符号にアルファベットを用い、しかもまたいろいろの物質をこれら符号の組み合わせで表わすのである。これは全然ルクレチウスの直伝である。

まいった!!
一巻の途中まででこうなんである。6巻まである。
正直に言ってポンコツ頭の理解の範囲を完全に超えている。
これでは一ヶ月ぐらいかけても先にはすすめないような気がしてきた。
しかし、理解することだけが目的ではない、いろんな人の「読み」を楽しませてもらうことが大きなねらいである。

第7回は6/22(金)である。
それまでにも私も少しずつすすめておこう。
Dsc_0172

|

« 原子論的物質観はこれからも有効か? #traday | トップページ | 【Web更新6/10】12-24オンライン「寅の日」更新 #traday »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/54923583

この記事へのトラックバック一覧です: 本日、第6回オンライン「寅の日」!! #traday :

« 原子論的物質観はこれからも有効か? #traday | トップページ | 【Web更新6/10】12-24オンライン「寅の日」更新 #traday »