« 「部分月食」観察から「雲見」へ、そして… | トップページ | 私の「金星太陽面通過観察の記録」!! »

「金星太陽面通過観察」を楽しもう!!

Dsc_0819

▼大賀ハス観察池の花芽に気づいて5日目やはりすこしふくらんではきているが、あの「あこがれの4日間」はいつ訪れるかしかとはわからない。わかっているのかも知れないが私は知らない。
「あこがれの4日間」にしても開花は4日間つづくことをこれまでの5つの花で確認したにすぎない。
アバウトなんである。5/16日に発芽処理した種子も、観察水槽から土の入った鉢に引っ越しさせた。今日でちょうど20日目である。この日程でいいのかわからない。だからだいたいなんである。
▼ところが、こちらの方はものすごくはっきりとわかっているんだ。アバウトではないんだ。
遠い遠いところの話なのに恐ろしく正確にわかっているんだ。
今日だ!!金星が太陽面を通過するというのだ。もうすぐだ!!
これを見逃したら、次は105年後の2117年だそうだ。思わず「えっ」と発してしまう。
驚きである。そんな先のことまで、遠くのことがわかっているのか。
素直にあの言葉がとびだしてしまうのである。
「ねぇ君、不思議だと思いませんか?」
▼さあ、今回はどうして観察をしよう。「金環(部分)日食」観察のときのこと思い出してもっとも有効そうなのは、
望遠鏡簡易投影板観察である。3K1A(感動・簡単・きれい&安全)の観察を!!
 これで試みてみようと思う。天気の方はどうだろう。
6時現在の播磨地方はなんとか観察可能なようだ。
ネット中継観測も有効な観測方法である。
◆姫路市「星の子館」「金星の太陽面通過(日面経過)」のインターネット中継(静止画)
▼今日の観察でいちばん感じ、考えたいのは、
・我々はどこに住んでいるのか?
・我々はどこに行こうとしているのか?
アタリマエ!
で済ませないで、
私の「ふしぎ!?」を存分に楽しもう!!
もう生涯2度と観察できない「天文ショー」をリアルタイムで等身大に!!

Dsc_0815

|

« 「部分月食」観察から「雲見」へ、そして… | トップページ | 私の「金星太陽面通過観察の記録」!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「金星太陽面通過観察」を楽しもう!!:

« 「部分月食」観察から「雲見」へ、そして… | トップページ | 私の「金星太陽面通過観察の記録」!! »