« 【Web更新6/3】12-23オンライン「寅の日」更新 #traday | トップページ | 「金星太陽面通過観察」を楽しもう!! »

「部分月食」観察から「雲見」へ、そして…

Dscn5973
▼2012年6月4日20時58分50秒、月の光らしきものが厚い雲のむこうにやっと見えた!!よし、「部分月食」最後の姿をと思ったらまたしても雲のなかに消えてしまった。残念ながら、昨夜の期待していた「部分月食」観察は播磨の地から無念におわった。しかし、それなりに楽しんだこともあるのでそれを報告・「記録」しておく。
▼夕方早い段階から、カメラの準備にかかった。前回の2011.12.10「皆既月食」のときのリベンジしたいこともあった。また、金環日食のときの観察は、観察方法に集中しあまりカメラのことは意識していなかった。
だから、今回はぜひとも月の写真に挑戦と思っていた。
 ところが、その時間が近づいてきても厚い雲はいっこうにうすくならなかった。
なんということだ!!
 そんなときには、
◆24時間ソラをLiVEする番組「SOLiVE24」
につないでおこうと決めていた。玄関先にノートパソコンをもっていきつないだままにしておいた。
「月見」できぬならば「雲見」と決めた。全国各地の「雲見」だ。
台風3号、梅雨前線、九州は梅雨入りか?
全国の天気の変化をリアルタイムに見るのもなかなか面白いものだ。
部分月食のリアルタイムの画像も見ることできた。北海道や、新潟では見えたようだ。
▼今朝起きて見ると、folomy【理科の部屋】に私のところから624㎞離れた白石市の中村敏弘さんが、みごとな部分月食の写真をアップしてくださっていた。
 面白いな!!自分ではうまく撮れなかったが、遠く離れた知人がちゃんと同じものを観察していてくださった。
なんかうれしくなってくるな!!
 あの【星連】を思い出してしまうのである。
▼そして、明日はいよいよ
◆金星の太陽面通過
である。
 またしても「雲見」になってしまうかもしれない。
しかし、それならそれでまた楽しみ方もあるだろう。
 とりあえず1/15億の太陽系モデルを頭にひっぱりだしてこよう。

|

« 【Web更新6/3】12-23オンライン「寅の日」更新 #traday | トップページ | 「金星太陽面通過観察」を楽しもう!! »

コメント

こちら@大阪北摂の雲が切れたのは、月食が済んでからでした。
見えなかったということも、観察結果ということに、
ぼちぼち子どもたちも納得してくれてます。

投稿: いっちゃん | 2012/06/05 06:54

いっちゃんへ
そちらも同様でしたか。
あれってどうなんでしょう。やっぱり月食終わって光の量が圧倒的にかわって見えてきたということもあるのでしょうか。光の量的なこと思っている以上に…。

それにしても、「見えなかった」というのも貴重な観察結果と理解するなんてけっこうすごいことですよね。
科学研究なんてその連続ですもんね。
ある面ではそこが科学の醍醐味なのかも。

投稿: 楠田 純一 | 2012/06/05 18:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「部分月食」観察から「雲見」へ、そして…:

« 【Web更新6/3】12-23オンライン「寅の日」更新 #traday | トップページ | 「金星太陽面通過観察」を楽しもう!! »