« 『たんぽぽ忌』を再び!! | トップページ | 金環日食を10倍楽しもう!!(2) »

【Web更新5/6】12-19 オンライン「寅の日」更新!!

Dsc_0832

山裾の アカ・シロ・ピンク ツツジ色 12/05/05 (土)撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】12-19
週末定例更新のお知らせ
 大型連休が終わった。何度繰り返しても同じこと、はじめは「あれもやろうこれもやろう」とワクワク気分でむかえ、終わりは、「また何もできなかったなあ」とちょっと憂鬱な気分になる。
でも、年をとるに従い少し学習しはじめた。はじめからあまり「無謀なこと」は考えないようになってきた。
それは、ほんとうに成長だと言えるかは疑問ではある。
 ただこの意志だけは強くなりつつある。
 誰でもできることを 誰もできないほど 続ける
今年19回目の週末更新である。

◆表紙画像集2012 人里の植物シリーズ ツツジ
 里に筍のシーズンがすぎるころ、山裾に赤、白、ピンクの灯りが次々とともるようにツツジが咲いていく。心まで晴れやかな気分になってくる。そして、朝の空気をいっぱい吸い込んでみた。
 それにしても、それぞれの花の開花や植物の生長を何年にもわたって観察していると、とてもアタリマエのことに不思議を覚える。驚くほど同じ時期に同じ花が咲き、同じように葉がひろがってくる。それはなんなのだろう。
気温、地温、日照時間、湿度などなどの条件が同じになる。それを感知して、おきまりの物質の変化(化学変化)がおきる。ついつい寅彦ばりの「唯物観」(生理学)でその「ふしぎ!?」を解明したくなってくる。

◆オンライン「寅の日」 更新
 オンライン「寅の日」が少しずつ人に知られるようになってきたようだ。
それに従って、寅彦の書いた文章をあらためて読んでみる人もふえてきつつあるようだ。そのきっかけにこのオンライン「寅の日」がなるならこれほどうれしいことはない。
 5/17(木)第4回オンライン「寅の日」は、「津浪と人間」を読む。それから10日後5/27(日)は、ファラデーラボで「津波のかがく」である。それはオフライン「寅の日」への模索になるかも知れない。


 

|

« 『たんぽぽ忌』を再び!! | トップページ | 金環日食を10倍楽しもう!!(2) »

コメント

こんばんは。寅彦先生のこの作品は以前に読みました。至極納得しました。「わかっちゃいるけどやめられない」。人間の性をずばり抉っていますね。まさに「天災は忘れた頃来る」でしょか。

投稿: sakamoto | 2012/05/07 20:42

阪本さん
コメントありがとうございます。
5/27(日)の「津波のかがく」楽しみにしております。息の長い取り組みであり、地元にも根付いてきた先駆的取り組みですので楽しみにしています。

寅彦と理科教育現場の話もお出会いしたときやりたいですね。そちらも楽しみです。

投稿: 楠田 純一 | 2012/05/08 05:25

こんばんは。「津波のかがく」タイトルがいいですね。「科学」ではなく「かがく」なんです。私と中学生が専門家に教わりながらやってきた研究です。津波という巨大な自然現象には肉薄できていませんが、限られた条件で最大限の努力はしてきたつもりです。昨年度からはそれを防災活動に繋げようとしています。
ややまとまりのない報告になるかもしれませんが、ご参加くださった方々の何かしらのご参考になればと思っています。
よろしくお願いします。

投稿: sakamoto | 2012/05/08 20:42

阪本さん
おはようございます。
「津波のかがく」の紹介をご本人からありがとう゛ざいます。ちょこっとずつこれまでも話を聞かせてもらってきましたが、今回はまとめて聞かせてもらえることとても楽しみにしています。
地域に根ざす理科教育とは
専門家と理科教育
中学生の研究活動
などなど とても興味深いことが複合的に提案もあるのではと思っています。
 多くの人に聴いてほしいですね。

投稿: 楠田 純一 | 2012/05/09 06:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/54652242

この記事へのトラックバック一覧です: 【Web更新5/6】12-19 オンライン「寅の日」更新!!:

« 『たんぽぽ忌』を再び!! | トップページ | 金環日食を10倍楽しもう!!(2) »