« 6月オンライン「寅の日」は #traday | トップページ | 大賀ハスが発芽した。そして…! »

私のためのデジタル歳時記を!

Dsc_0331

▼「おっ、ついに本格的に咲き出したな」と気づいたのは一昨日であった。しかし、そのヤマボウシは例の場所のものではなかった。通勤路の道路沿いのものだ交通量が多くてじっくりとそれに魅入るということができない。
それは来週、毎年の例の場所に行って堪能することにきめた。
 やはり同じだ。ヤマボウシが咲く時期というのは、このアタリマエにに感動するのである。
▼ヤマボウシという植物が、私の「歳時記」のなかに登場するようになったのはいつのころからだろう。
どこに咲くヤマボウシがはじめてだったのだろう。
私のWebページの表紙画像集を辿ってみた。

◆表紙画像集2004
◆表紙画像集2005
◆表紙画像集2006
◆表紙画像集2007
◆表紙画像集2008
◆表紙画像集2009
◆表紙画像集2010
◆表紙画像集2011
◆表紙画像集2012

辿っているあいだに、いろんなことが思い出されて実に楽しかった。その一枚の写真を撮ったときの情景、そのころの思い、「俳句もどき」を詠んだ心情等々。
その画像を撮ったデジカメのことまで鮮明に思い出したりする。
ひょっとしたらこんな時を楽しむためにだけ、こんな「記録」を残してきたのかも知れない。
▼過去の画像集をながめながら、『私のためのデジタル歳時記』をつくりたいと思うようになった。
この9年間に採り上げている植物は季節によってほぼ同じものを採り上げているのである。
これ自体が、「私の歳時記」の役割をはたしつつあるのである。
寺田寅彦は

『歳時記は日本人の感覚のインデックス(索引)である』

と言った。
 その寅彦にならって言うならば、『私の歳時記は私の感覚のインデックス(索引)である』ということになる。
 私は、この表紙画像集を発展するかたちで、「私のための」デジタル歳時記がつくりたい。
▼これからのクラウドの時代と言うのは、「私のための」に特化することを可能にする時代なんだろうと思う。
「私のための」という特化が、同時にコンヴィヴィアリティな世界につながる道であることを、ささやかななる一歩で証明していきたいものだ。
 今週も「俳句もどき」を詠む時期がせまってきている。
さあ、何を詠もうか。

|

« 6月オンライン「寅の日」は #traday | トップページ | 大賀ハスが発芽した。そして…! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私のためのデジタル歳時記を!:

« 6月オンライン「寅の日」は #traday | トップページ | 大賀ハスが発芽した。そして…! »