« 今、ツクシが面白い!! | トップページ | 「胞子(つくし)のダンス」をYouTubeで! »

つくし誰の子 スギナの子!?

Dscn2553
▼昨日もまだ続けていた。つくしから飛び出した胞子の観察を。「ハアー」観察は面白すぎるのだ、何度も何度も繰り返した。そのうち動画に納めて、ここに貼りつけたいと思うようになった。しかし撮ったはずの動画がなかなか再生できないのだ、いろいろ教えてもらってやるがうまくいかない。またの挑戦にする。
▼もうひとつの挑戦にうつる。
「つくし誰の子スギナの子♪」
この童謡がいいなと思った。ちゃんとつくしとスギナの関係を歌ってくれている。
ところで、この童謡はどんな童謡の一節だったのだろう。妙なことが気になりだした。
こんなうまいこと誰の頭にも残るように歌い込むなんて、すばらしい!!
いろいろ検索をかけた結果わかった。

 つくし

作詞 /五十野惇、作曲 /早川史郎


(1)
つくし
だれの こ
すぎなの こ

(2)
つくし
はるです
あそぼう よ


http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy/p-letter.htm

なんだ、これだけなんだ!!
でもうまいな!!
▼でも、ほんとかな「やってみなければわからない」精神で、胞子のダンスを堪能した次は、この胞子を育ててスギナにすることに挑戦してみることにした。
 胞子を播くのは寄木康彦さんに教えてもらったジフィーセブン(種蒔き用土ポット)を使用した。
胞子は緑色をして葉緑体をもっていたから、さっそく光合成もするのだろう。そこで一つはアルミホイルでくるんで光があたらないようにした。
 「おべんとう持ち」の種子のようなことがないから、胞子はたいへんだ。
例のビデオによれば、ひとつのつくしから100万個も胞子がとびだすと言っていた、粗製乱造なんだ!!。
数で勝負をしていくのだ。
 だから、スギナまで育てるなんてなかなかむつかしいかも知れない。
でも、やってみなければわからない!!
 つくしたちは何億年もこうして地上に生きてきたのだから、きっと…。
▼「つくし誰の子スギナの子♪」だから胞子を育てば前葉体になり、スギナになっていく。
このアタリマエの「ふしぎ!?」を、自分で確かめてみる。
そんなところから等身大の科学がはじまり、「私の科学」になっていく。
今年もやっぱりアタリマエの「ふしぎ!?」いっぱい追いかけてみよう。

|

« 今、ツクシが面白い!! | トップページ | 「胞子(つくし)のダンス」をYouTubeで! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つくし誰の子 スギナの子!?:

« 今、ツクシが面白い!! | トップページ | 「胞子(つくし)のダンス」をYouTubeで! »