« 【Web更新3/25】12-13 「サイエンスコミュニケーター宣言」 更新! | トップページ | 【お薦め本】『寺田 寅彦』(小山 慶太著 中公新書)(続) »

【お薦め本】『寺田 寅彦』(小山 慶太著 中公新書)

Dsc_0956

▼椿、なんともありふれた春を告げる樹木の花だ。その椿が、今年から少し違ってみえている。それはあの「お水取り」のときの造花の「椿」の花を見たからである。あらためて人間と椿の関わりの深さ、その歴史に感動したからである。その椿、前の山の椿が朝の散歩道に散り始めた。散った姿を見ているあいだにあの人のあの研究を思いだした。それはちょうど今から80年前1931年・1932年におこなわれた。
▼椿の花が地面に落ちたとき「うつ伏せ」か「仰向きか」か。落ちた椿の花をしらべて確率をみるのであ。生徒の夏休みの自由研究ではない。れっきとした日本を代表する物理学者の研究である。
その物理学者とは、あの我らが寺田寅彦だ。
 この「椿の落下運動」研究はただ単なる数を数えるだけにおわらない。花を模してペーパコーンでモデルをつくり重さを変えて何度も何度も挑戦する。地面に近づいたところで突然「仰向け」になる。そのために必要な高さとは…、質量はどう関係するのか。ちょっとその一端を聴くだけでもさすがである。
▼そんな科学者「寺田寅彦」を紹介した本が今年になって出た。
◆『寺田 寅彦 漱石、レイリー卿と和魂洋才の物理学』(小山 慶太著 中公新書 2012.1.25)
実に興味深い。
 読み始めたらとまらなくなってしまった。

(つづく)

|

« 【Web更新3/25】12-13 「サイエンスコミュニケーター宣言」 更新! | トップページ | 【お薦め本】『寺田 寅彦』(小山 慶太著 中公新書)(続) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/54319499

この記事へのトラックバック一覧です: 【お薦め本】『寺田 寅彦』(小山 慶太著 中公新書):

« 【Web更新3/25】12-13 「サイエンスコミュニケーター宣言」 更新! | トップページ | 【お薦め本】『寺田 寅彦』(小山 慶太著 中公新書)(続) »