« サイエンスコミュニケーター宣言(145) | トップページ | 道楽的「科学」は 今!? »

今年もまた『峠』(真壁仁)の季節だ!!

▼今年も、またこの季節がやってきた!!
3月も二日目。
ここ数年きまってこの季節になると、私はひとつの詩を思い出す。
真壁仁の「峠」だ。
私は、彼の『野の教育論』でファンになった。そして『紅と藍』で紅花を追う彼の熱烈な支持者になった。
そして『峠』で、彼は私に人生を教えてくれる最高の詩人になった。
▼毎年読むたびにいちばんこころに響く一節がかわる。
今年はここだ!!


風景はそこで綴じあっているが
ひとつをうしなうことなしに
別個の風景にはいってゆけない。
大きな喪失にたえてのみ
あたらしい世界がひらける。

▼何かを終えようとするときとは、それは同時に何かをはじめるときである。
しばし
峠で 「見える限りの風景をめにおさめて」
ふたたび…。 

|

« サイエンスコミュニケーター宣言(145) | トップページ | 道楽的「科学」は 今!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年もまた『峠』(真壁仁)の季節だ!!:

« サイエンスコミュニケーター宣言(145) | トップページ | 道楽的「科学」は 今!? »