« サイエンスコミュニケーター宣言(148) | トップページ | 3.11 あれから1年!! »

Twitterはじめて900日目に思うこと。

▼昨日は、卒業式であった。そして明日は、3.11から一年である。今日はファラデーラボ一周年記念行事である。
 一年とは地球が太陽のまわりを一回転してくる時間である。一日とは地球が自ら一回転する時間である。こんなアタリマエ 今さら確認するほどのことでもない。
 時間は連続的だから、そんなにきっちり区切がついているわけでもない。でもやっぱり思考するときには気にしてしまうのだ。区切をつけて考えてしまうのである。
▼今日も、ひとつの区切の日であることをhttp://twilog.org/junkusuda
が教えてくれた。Twitterはじめてちょうど900日目にあたるのだ。
 Twitterはじめてから100日ごとに、このログを書いてきた。これが今から見返してみるとけっこう面白いのだ。100日というのは、ひとつの季節の期間なのだ。前回800日目は12/1だった。
▼800日目から900日目までにTwitter環境に大きく変化はない。
『情報の呼吸法』(津田大介著 朝日出版社)を読んだことぐらいであろうか。
 この本を読んで、私はずっと使いつづけてきている
Twitter的=「リンク」・「シェア」「フラット」「等身大」「リアルタイム」
に追加して
「アクティブ」(行動)の第6のキーワードを付け加えたい。
「行動」を引き起こさないような情報は、情報の名に価しないのである。
1000日目に向けては、このキーワードの有効性を証明してみよう。
▼今日は、その抜群のタイミングなのである。
ファラデーラボ創立一周年記念企画の日なのである。
私には格好のTwitter的実験日である。
・どんな新しい「ヒト」「モノ」との出会いがあるだろう。
・新しく何を学ぶことができるだろう。
・どんな新しい展開が待ち受けているのだろう。

|

« サイエンスコミュニケーター宣言(148) | トップページ | 3.11 あれから1年!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Twitterはじめて900日目に思うこと。:

« サイエンスコミュニケーター宣言(148) | トップページ | 3.11 あれから1年!! »