« サイエンスコミュニケーター宣言(131) | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(132) »

【Web更新2/12】12-07 「サイエンスコミュニケーター宣言」 更新!

Dsc_0165


赤さ増し 春遠からじ いばら道

12/02/12 (日)撮影@福崎

■ 楠田 純一の【理科の部屋】12-07
週末定例更新のお知らせ
 昨日、21年前に卒業した生徒の同窓会があった。またたくまに21年と言う時間がタイムスリップした。実に楽しかった。こんなときはタイムスリップは意図も簡単にできるのだが、だからと言って「過去」は変えることはできない。変えれるのは「未来」と「自分」だけだ。
 また、新しい一週間がはじまる。何をどう変えることができるだろう。

◆表紙画像集2012 人里の植物 ノイバラ
 いつもの散歩道の脇に気になる野イバラが飛び出していた。気になるのは、その赤い実のせいでもあった。
この「赤い実」にどんな意味があるのだろう。けものみちにはびこってきたであろう野イバラ、その「棘」には、その「赤い実」には、どんな物語があるのだろう。私は知らない。
 赤みというより赤黒さが増してきたようだ。それが「春遠からじ」を教えてくれているようだった。

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!
 「日本理科教育史」を追う旅もいよいよ今世紀に入る。ほんとうの「現代」となる。
それは同時に「これから」を語ることとなるだろう。
「これから」については、そんな大きなことでなくていい、小さなことでいい。
いやむしろ「小さなこと」の方が、これからにはふさわしいのだから。
実現可能な「小さなこと」いっぱいみつけていこう。

「日本理科教育史」は、今週中にどこまでいくだろう。
ゆっくり 急ごう!! 

|

« サイエンスコミュニケーター宣言(131) | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(132) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/53970449

この記事へのトラックバック一覧です: 【Web更新2/12】12-07 「サイエンスコミュニケーター宣言」 更新!:

« サイエンスコミュニケーター宣言(131) | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(132) »