« サイエンスコミュニケーター宣言(140) | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(141) »

ファラデーラボに理科ハウスがやって来る!!

Dscn1620


▼昨日からほんと空気に「あたたかさ」を感じるようになった。空は曇っているんだが、その雲も私には見分けることできないが、春仕様にかわりつつあるのかも知れない。「雲見」の定点がほぼ固定化しつつある。生野峠をにらむ北の空だ。
 「春一番」のニュースが流れてきて、あの「もうすぐ春ですね …♪」のメロデーが聞こえてくる季節になった。
▼そんな春一番のお出かけにふさわしい科学イベントがある。
ファラデーラボにあの「理科ハウス」がやって来るのだ!!
■2012年3月10日(土) 9:30~

科学好きにはたまらない企画だ!いや科学嫌いも科学好きになれる企画である。
くわしくは
◆ファラデーラボ便り
を参考にして欲しい。
▼「科学を楽しみたい人」「これからの科学を考えたい人」全員集合だ!!。
科学お楽しみ広場が午前にも午後にもある。
そして、なりよりも楽しみなのは、あの世界一小さな科学館・館長 森裕美子さんが、貴重な資料をもとに祖父「石原純」を語ります。
これはめったにない機会ですよ。
理科ハウスの登場で、あの理科ハウスの科学を楽しむ「空気」の「おすそ分け」がきっともらえるはず。
さあ!

「もうすぐ春ですね 科学をしてみませんか ♪」

 

|

« サイエンスコミュニケーター宣言(140) | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(141) »

コメント

楠田さん
私もファラデーラボに行けるのを楽しみにしています。
昨年の3月12日のオープンの日に大地震のため、行けなかったことを思い出しています。あれからもうすぐ一年ですね。
家族を失った人は人生の方向転換をどうやってさぐっておられるでしょうか。私事ですが科学館を作ることになったのは、夫が急に死んでしまったからです。何がきっかけになるか本当にわからないものですね。でも、私の中にその基礎を作ってくださっていたのは楠田さんが立ち上げてくださっていた「理科の部屋」ですから。本当にありがとうございます。
石原純の話は楽しんでいただけるかどうか、非常に不安ですがこんな人もいたということを知っていただけたらうれしいです。よろしくお願いします。

投稿: 森裕美子 | 2012/02/25 09:45

森 裕美子さん
コメントありがとうございます。
ほんとですね早いですね。あれからもうすぐ一年になるんですね。お会いできること、お話が聞けること楽しみにしています。
 「石原純」についてもそれまでにもう少し、自分でも勉強しておきます。
 ではお待ちしています。

投稿: 楠田 純一 | 2012/02/25 15:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/54060546

この記事へのトラックバック一覧です: ファラデーラボに理科ハウスがやって来る!!:

« サイエンスコミュニケーター宣言(140) | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(141) »