« サイエンスコミュニケーター宣言(74) #sciagora11 | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(76) #sciagora11 »

サイエンスコミュニケーター宣言(75) #sciagora11

Dscn7829▼「現在進行形」これがやっぱり一番面白い!!
昨日はこれを実感した一日だった。一日中サイエンスアゴラ2011会場にいた。開場少し前よりまずは理科ハウスの展示へ行った。
■理科ハウスが選ぶ全国科学館オリジナル商品の展示(理科ハウス)
 予想通りだった。面白い!!
 「へー、そんなのあるのか!!」感動してしまうのである。それはすごく高価なものというのでない、オリジナル商品の向こうにそれをつくった学芸員の顔が見えてくるモノ、数々!!
何度でも見に行った。見る度にランキングが入れ替わった。そりやそうだ、もうすでに理科ハウスが選び抜いたモノなんだから、絶対におもしろモノなんだ。
 そのうち何カ所訪ねてみたい科学館が浮かび上がってきた。
そこに行けば、これを発案した人がいると思うと、その人に会いに行きたくなるのだ。
どこか、「教材」と似たところがあると思った。すぐれた定番実験などの教材には、必ずその「教材物語」があると思った。それと同じようにその「オリジナル商品」物語があるような気がした。
▼次に、本間義夫さんに会いに行った。
■日本コンピュータ化学会@サイエンスアゴラ2011
もうすでにはじまっていた。すでに子供が楽しんでいた。
本格的にお話を聞くのは、20日にした。まずは再会を喜び合った。
 再会といえば、なんと十数年ぶりに再会した人がいた。青野裕幸さんである。
会った瞬間に十数年の時空は超えることができるから不思議だ!
うれしい限りである。この段階で、私のアゴラ参加の初期の目的は達成したことになる。
▼食事をしている間もないくらいであった。
つぎつぎと楽しみが待っていた。今度はシンポジウムに行った。
■危ないってどういうこと?―生活の中のリスクと科学リテラシー
 「リスク」「リスクとは」「リスクコミュニケーション」「リスク認知」「科学リテラシー」等々のことばがどんどん出てくる。私の私の頭では、まだなじみのないコトバ群だ。
話題提供者、コメンテーターのコトバを少しずつ、「今」の輪郭が見えてくる。私の今立つっている位置も…。
初日より、「私の科学」というより「私の科学コミュニケーション」に軸足がうごいてきているように思った。
▼科学未来館のブースを少し見て回って、最後にRikaTanのブースに行った。
左巻健男さんに出会った。
■観る・知る・遊ぶ 『理科雑誌★RikaTan★』で理科の探検!
・サイエンスカフェ 『イリオモテヤマネコもUMAだった?』に参加させてもらった。
実に面白かった!!楽しかった!!
おっと!!忘れるところだった。この面白さ、楽しさこそ「科学の力」ではなかったのか。
昨日、最後の収穫は大きかった。

今日最終日も、存分に科学を楽しんでみよう。それも、現在進行形で!!

|

« サイエンスコミュニケーター宣言(74) #sciagora11 | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(76) #sciagora11 »

コメント

わ~面白そうですね。
ただ、そっちまで手を広げると本当に時間が足りなくなるんで、身の丈身の丈>私

もうすぐ11月祭という「お祭り」が京都で有ります。
「研究室企画」が今年は京大総合博物館であるそうで(過去数年は時計台でした)、
今から楽しみにしております。
展示でも面白そうな所があるんですよ。
http://nf.la/index.html
…一箇所、娘が映り混んでるのは内緒です。

投稿: いっちゃん | 2011/11/20 15:37

いっちゃん
コメントありがとうございます。
とても充実した3日間でした。
いくつになっても学ぶとは面白く楽しいものです。
面白そうな企画ですね。
学園祭とはまた違うのですか。
また、面白そうな発見があったら「おすそ分け」をお願いします。

投稿: 楠田 純一 | 2011/11/21 18:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイエンスコミュニケーター宣言(75) #sciagora11:

« サイエンスコミュニケーター宣言(74) #sciagora11 | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(76) #sciagora11 »