« 【Web更新8/21】11-34 新・クラウド「整理学」試論 更新! | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(48) »

Twitterはじめて700日目に思うこと。

Dscn8887▼地上の変化だけでなく、空の変化も見逃したくない。と例の「雲見」をやっていたら、それこそ夏の雲と秋の雲が入り交じっていた。まちがいなく、地球は動き続けている。風景の変化がそのことを教えてくれている。
当然のことその乗組員の一員である「私」も変化し続けているのだ。
▼「地球の鼓動」であることをめざしたTwitterを私がはじめて今日で700日目である。
そうだ!!地球は700回、自ら回転したことになる。
例によって、100回転ごとの心象風景の変化をふりかえっておく。

◆新・クラウド「整理学」試論(10)(102日目に思うこと 2010/01/03)
◆Twitterはじめて200日目に思うこと(2010/04/10)
◆Twitterはじめて300日目に思うこと(2010/07/20)
◆Twitterはじめて402日目に思うこと(2010/10/29 )
◆Twitterはじめて500日目に思うこと。(2011/02/04 )
◆Twitterはじめて600日目に思うこと。(2011/05/15 )

▼600日目の最後は
「サイエンスコミュニケーターにとって、Twitter的とは」
の課題で終わっている。
100日間でどこまで来たのだろう。私のTwitter、Twitter的にどんな変化がおきただろう。
思いつくままにコトバにしてみる。
・Twitter的はどんな「事実」を作り出したか。それが問題だ!
・Twitter的は不易である。
・Twitter的は流行である。
・Twitter的は不易と流行を合わせ持つ。
・Twitter的はプロセスである。結論ではない。
・Twitter的は方法である。目的ではない。
・Twitter的は今考えられる最高の道具である。
・Twitter的は「コンヴィヴィアリティのための道具」である。

思いつきのコトバは、まったく意味をもたない「たわごと」ようにも思えるが、「記録」しておけばあるとき、あるとき
重要な意味をもってくるかも知れない。淡い期待を抱いて「記録」した。
▼なにか新しいことに出会っているようにも思えるし、「なつかしさ」に回帰していっているようにも思える。
時空は螺旋的に変化しているのだろう。
そりゃそうだ、なにしろ我等が地球は「回転」しているのだから、
心象風景も当然螺旋的な変化をするだろう。

100回転後までの課題は
「Twitterを超えるTwitter的はあるのか」
だ。
 さあ、今日の私のTLには何が流れるのだろうか。
楽しみである。

|

« 【Web更新8/21】11-34 新・クラウド「整理学」試論 更新! | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(48) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Twitterはじめて700日目に思うこと。:

« 【Web更新8/21】11-34 新・クラウド「整理学」試論 更新! | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(48) »